東京大学|大学院教育学研究科・教育学部 東京大学|大学院教育学研究科・教育学部

臨床心理学コース スタッフ紹介 入試関連FAQ

下山 晴彦(しもやま はるひこ) 教授

発達臨床心理学

特定の心理療法の学派や技法を超えて,総合的に臨床心理学の技能と教育方法を開発することをテーマとし,次の4領域を中心に実践,研究,教育をしています。1)発達段階に適した援助方法(最近は子どもの認知行動療法)の開発。2)個人療法とシステム療法を統合する“つなぎモデル”の開発。3)国際比較に基づき,日本の文化や制度に適した教育や訓練の方法の開発。4)物語論の観点から臨床心理学の体系化。

能智 正博(のうち まさひろ) 教授

臨床心理カリキュラム論

語り(ナラティブ)は個人の「内面」の表現であると同時に、個人の世界を作り上げる実践です。臨床実践とは個人の語りの再構築を支援することであり、コミュニティの語りに対する働きかけでもあります。私は、障害や慢性疾患をもつ方々などの語りやライフストーリーの特徴とその生成変化、生涯発達のなかでの自己語りの変化や主体価値の発達過程などをテーマに研究を進めています。また、語りを捉える質的研究の方法論・技法論の整理と普及にも努力しています。

高橋 美保(たかはし みほ) 教授

臨床心理システム論

個人に起こる心理的問題は、個人的要因のみに起因するのではなく、個人が生きる社会的要因の影響も受けています。また、個人に起こる心理的な問題が社会の問題を浮き彫りにしていることもあります。このような視点から、個人の生きにくさを、コミュニティや社会といった視点から理解し、個人・組織・社会を援助する具体的な方法論と理論を構築するための研究や実践を行っています。特に、就労、復職、失業など働くことにまつわるメンタルヘルスに注目し、現代社会の中で個人が自身のライフキャリアを構築し、生き抜くことを支援するための研究や実践を行っています。

滝沢 龍(たきざわ りゅう) 准教授

臨床心理カリキュラム論

様々なストレス要因や逆境体験があったとしても,心身の健康を保って生活するにはどうしたらよいだろうか。医師(精神科医・産業医)としての経験も生かしながら,健康や病気のプロセスを生物・心理・社会的アプローチで探索しています。病気にまで至らせないための「一次予防」の重要性を踏まえ,健康増進や発症予防として,リスク因子の軽減だけでなく,レジリエンス増強を図る方略を見出し実践に役立てたいと考えます。社会環境(家庭・学校・職場)における科学的実証を目指し,「遺伝と環境の相互作用」と「生涯発達の時間軸」からの視点を大切にしつつ,コホート研究,双生児法,脳科学などの手法で迫ります。

ページトップへ