東京大学|大学院教育学研究科・教育学部 東京大学|大学院教育学研究科・教育学部

教育内容開発コース 修士論文のテーマ

近年の論文題目一覧

2015(平成27)年度

  • Stylistic analysis of drama texts and its pedagogic implications:
    focusing on dramatic conversations
    (戯曲の文体論分析とその英語教育への示唆 ―戯曲内会話に注目して―)
  • 性の多様性理解に向けた授業実践の研究
      ―高校生の認識に着目して―
  • 教師の経験から見たシティズンシップ教育
      ―語りと実践に着目して―
  • インドネシアの観光開発地域における言語利用と役割認識
      ―バリ島パヤンガンの高校生に着目して―
  • 漸化式の概念的理解を促す学習方法とそのメカニズム
      ―作図条件と表作成条件の比較を通して―
  • フィンランド社会におけるシティズンシップ教育の役割
      ―政策と実践の考察を通して―
  • 音読が第二言語における冠詞の産出に及ぼす影響
      ―日本人英語学習者に焦点をあてて―

2014(平成26)年度

  • 戦後日本における英語教育政策の決定過程
  • 高等学校における英語教育への文学教材の導入
      -簡約版文学作品の使用に着目して-
  • 数学への関心と概念的理解との関係についての研究
      ―高校生の一次関数の問題解決を通じて―
  • Agreement in Interlanguage:Production of Auxiliary‘does’by Japanese Learners of English
     (中間言語における一致―日本人英語学習者による助動詞doesの産出に着目して―)
  • 中等教育の「伝統文化」授業における生徒の学び
      ―沖縄の空手授業に着目して―
  • 条件付き確率の理解を深める介入方法の検討
      -中学生・高校生の問題解決における誤りと生成された図表の分析を通じて-
  • 高校英語教員の実践知の研究
      -その拡張および実践との関係-

2013(平成25)年度

  • 学習英文法における話法再考
      -自由間接話法に着目して-
  • 協同学習を用いた「根拠や証拠を踏まえた論理的表現力」養成方法の検討
      -文脈が異なる「聞き手Jのフィードバックは「書き手Jの行動に影響を与えるか-
  • 小学校国語科授業における文学教材に対する子供の読みとその変容
  • English Movies as Teaching Materials for Developing Pragmatic English Skills of Japanese Learners
       (日本人学習者の語用論的英語能力を伸ばす教材としての英語の映画)
  • The Effectiveness and Benefits of Explicit Pronunciation lnstruction :Teaching English Pronunciation to Japanese Junior High School Students
      (明示的発音指導の効果と効用 -日本の中学生への英語発音指導-)
  • 対照実験概念の理解を深める教授方略の検討
      -中学校・高等学校理科の授業を通して-
  • 小学校外国語活動における歌の活用
      -英語の音韻的特徴への気づきを促す教材として-

2012(平成24)年度

  • 推論課題を用いた論理の授業の有効性について
      ―逆・裏・対偶を利用した4枚カード問題の解決―
  • 読みを深めるための発問に関する考察
      ―高校生の評論文読解における比喩的表現の活用とその効果―
  • 小学校英語活動におけるリズム教材を中心とした音声指導
  • 日本人英語教師の役割に関する考察
      ―教育の現状と教授法に焦点をあてて―
  • Effects of Task-Based Focus-on-Form Language Instruction
       (タスク活動を用いたフォーカス・オン・フォームによる言語指導の効果)
  • 生物学を起点とした生命倫理教育の開発

2011(平成23)年度

  • 日常的な事象を生かした算数・数学教材や授業に関する研究
      ―フィンランドと日本の教科書比較を手掛かりに―
  • <分析>手法を用いた文学作品の読みにおける生徒の読解過程
      ―読解深化過程に注目して―
  • 中学校数学における代数と幾何の融合問題に関する考察
      ― 一次関数と図形の融合問題を通して―
  • Revaluation of the Use of Japanese in English Language Teaching at Japanese Senior High School
  • 日本の英語教育の現状分析とその改善に向けての提言

2010(平成22)年度

  • 工作工芸教育不振の背景
      ―1958(昭和33)年の中学校美術科創設に着目して―
  • 小学校英語活動における文字提示の検討
      ―フォニックス法導入による児童の文字と音の関連に関する認識について―
  • 高等学校の数学授業における協同的活動による理解の深まり
  • 解釈を基盤とした教育評価論の再検討
      ―D.デイヴィドソンの思想を手がかりに―
  • 高校理科(物理領域)の教育内容の高度化と高大カリキュラム間の円滑な接続を図る研究
      ―「波動」の学習を中心として―
  • 微積分学習前後における関係的理解の様相の変化
  • 協同的な英文解釈活動における学習過程
      ―インスクリプションに媒介された対話の分析を通じて―

2009(平成21)年度

  • 漱石「こころ」の授業における文芸批評の役割
  • 高等学校における論説文の協働的な読解過程の検討
      ―複数テキストにもとづく表象構成の事例分析―
  • 初等科理科教育における問題解決学習論の検討
      ―問題解決学習の特質と歴史的展開から―
  • 学校におけるシチズンシップの養成について
      ―政治・人種・平和教育の視点から―
  • What-If-Not 方略を用いた学習者による問題設定とそのカリキュラム上の位置づけ
      ―高等学校数学科における長期的な実践を通して―
  • 「高大接続テスト」の可能性
      ―数学テストの分析を通して―
  • 生徒の数学概念が形成される過程
      ―関数分野の学習を通して―
  • 疾走フォームの指導法開発に関する研究
  • 今和次郎の家政学思想
      ―戦中から戦後へ―

2008(平成20)年度

  • 理科教育研究における社会文化的視点の展開
      ―R.ドライバーからP.スコットまで―
  • 文芸翻訳に対する教師の信念
      ―大学での授業過程分析―
  • 回帰成就値を利用した評価の一方法
      ―統計教育の延長としての自己評価―
  • ケアにおける非対称関係と分配の困難をいかにして乗り越えるか
      ―エヴァ・キティのDependency work概念およびDouliaの原理をてがかりに―
  • 中高数学における問題群の「スパイラル構造化」
      ―「整数」「ベクトル」の授業実践から―
  • 英語の授業における聴く行為の分析
      ―高等学校の授業分析―

2007(平成19)年度

  • 中等英語科授業における学習言語と母語の機能の検討
  • 中学校吹奏楽部における相互作用過程の分析
      ―わざ言語の伝達過程に注目して―
  • 数学教育学における論理主義的基礎づけの可能性と必要性について
      ―19世紀における心理学主義と論理主義の哲学的論争から―
  • 高等学校「日本史A」教科書を分析する3つの視点
      ―近現代史の論争点・市民性・原子力―
  • Content-Based Instruction に則った中学校における英語の授業の考察
      ―パプチンの「対話」への視座とともに―
  • 「市民性の教育」としての柳田社会科
      ―(共生)の視点からの再検討―
  • 読解授業における教師の応答
      ―日本の教室談話における参加構造を中心として―
ページトップへ