東京大学|大学院教育学研究科・教育学部 東京大学|大学院教育学研究科・教育学部

教育心理学コース スタッフ紹介

岡田 猛(おかだ たけし) 教授

教育認知科学

「アイデアが生まれて,それが形になっていく過程」に興味があり,芸術家の創造活動について研究しています。「芸術家はどのように作品を作っていくのか」「独創的なアイデアはどのように生まれるのか」といった問いについて,認知科学的な解明を目指しています。その際,フィールドワークに基づいて「創造の現場で起こっている認知活動」についての仮説を生成し,それを心理学実験で検証するといったマルチメソッドを用いて研究を進めています。

遠藤 利彦(えんどう としひこ) 教授

発達心理学

人生早期に子どもと養育者との間に形成されるアタッチメントがいかなる要因によって規定され,それはまたその後の子どもの(特に社会情緒的側面の)発達の道筋にどのように影響するのかについて関心を持っています。さらに,人の様々な感情がどのような過程を経て生じてくるのか,そしてそれは子どもの心身の発達全般にいかなる意味を有するのかについても,進化論あるいは文化論の視点を交えながら,考察しています。

針生 悦子(はりゅう えつこ) 教授

発達心理学

生まれたときには本当に無力に見えた子どももやがて,ことばを話し,人の気持を思いやった行動がとれ,新しく直面した問題にもうまいやり方で対処できるようになっていきます。この当たり前に見える変化がどのようにして起こっているかを知りたいと考えています。特に言語の獲得とからめて子どもの世界に対する見方はどのように構造化されていくのかといったことに興味があります。

岡田 謙介(おかだ けんすけ) 准教授

教育情報科学

心理・教育・行動データをモデリングし,現象の理解と予測に役立てることに関心を持っており,そのためにとくにベイズ統計学の方法論と応用を研究しています。心や行動について科学的に理解していくためにも,社会科学的な問題を実証的に解決していくためにも,統計学の理論と方法を役立てることのできるフィールドは私たちの未来に広がっていると思います。

ページトップへ