東京大学|大学院教育学研究科・教育学部 東京大学|大学院教育学研究科・教育学部

教育心理学コース スタッフ紹介

市川 伸一(いちかわ しんいち) 教授

教授・学習心理学

学習,理解,推論,動機づけといった問題を軸に,認知理論と教育実践をつなぐことがテーマです。実験や調査による基礎研究とともに,授業改善や社会教育の実践に直接関わりつつ,「教育をつくりながら考える教育心理学」を標榜しています。自らの「学ぶ経験」,「教える経験」を心理学研究として生かしてみたいという学生の方を歓迎します。

南風原 朝和(はえばら ともかず) 教授

教育情報科学

個についての理解を深める上で,集団データから得られる統計的指標がどのような意味をもちうるのかといった,心理学研究と統計的方法との関係についての方法論的な問題に興味があります。また,テストの統計的分析にも関心をもっており,入学試験のような実際的な測定・評価における様々な問題に対して,実証的に迫っていきたいと思っています。

岡田 猛(おかだ たけし) 教授

教育認知科学

「アイデアが生まれて,それが形になっていく過程」に興味があり,芸術家の創造活動について研究しています。「芸術家はどのように作品を作っていくのか」「独創的なアイデアはどのように生まれるのか」といった問いについて,認知科学的な解明を目指しています。その際,フィールドワークに基づいて「創造の現場で起こっている認知活動」についての仮説を生成し,それを心理学実験で検証するといったマルチメソッドを用いて研究を進めています。

遠藤 利彦(えんどう としひこ) 教授

発達心理学

人生早期に子どもと養育者との間に形成されるアタッチメントがいかなる要因によって規定され,それはまたその後の子どもの(特に社会情緒的側面の)発達の道筋にどのように影響するのかについて関心を持っています。さらに,人の様々な感情がどのような過程を経て生じてくるのか,そしてそれは子どもの心身の発達全般にいかなる意味を有するのかについても,進化論あるいは文化論の視点を交えながら,考察しています。

針生 悦子(はりゅう えつこ) 教授

発達心理学

生まれたときには本当に無力に見えた子どももやがて,ことばを話し,人の気持を思いやった行動がとれ,新しく直面した問題にもうまいやり方で対処できるようになっていきます。この当たり前に見える変化がどのようにして起こっているかを知りたいと考えています。特に言語の獲得とからめて子どもの世界に対する見方はどのように構造化されていくのかといったことに興味があります。

植阪 友理(うえさか ゆり) 助教

教授・学習心理学

認知心理学を生かした個別学習相談,授業デザイン,テスト開発などを幅広く行っています。特に,学び方(学習方略)の改善もあわせて行う授業実践のあり方を,心理学的研究として検討するのみならず学校現場と協同しながら開発することに力を入れています。

ページトップへ