東京大学|大学院教育学研究科・教育学部 東京大学|大学院教育学研究科・教育学部

教育学部 スタッフ一覧

基礎教育学コース

田中 智志(たなか さとし) 教授

教育臨床学

専門は,教育概念史と教育臨床学です。教育概念史は,教育の営みを枠づける基本的な概念を歴史的に把握する試みです。教育臨床学は,生きるとはどういうことかと問いつつ,よりよい教育の営みを模索する試みです。教育概念史としては,これまでに人間形成概念,社会性概念をとりあげてきました。現在は近代以前にさかのぼり,完全性概念に取り組んでいます。教育臨床学としては,関係性,倫理感覚,共存在を中心にあれこれ模索しています。

代表著書:

  • 『社会性概念の構築――アメリカ進歩主義教育の概念史』(東信堂)
  • 『教育思想のフーコー――教育を支える関係性』(勁草書房)

小玉 重夫(こだま しげお) 教授

教育人間学

教育における人間と政治,社会との関係を思想研究によって問い直すことを研究テーマとしています。特に,ふだん自明のものとしてうけいれられている「教育」や「学校」を,歴史的・構造的な視点から相対化し,そのうえで,教育改革の筋道を追究していくことが,当面の研究課題です。具体的には,教育の公共性に関する思想研究,公共性の担い手を育てるシティズンシップ(市民性)教育,政治的リテラシーの問題などに,関心をもっています。

代表著書:

  • 『教育改革と公共性――ボウルズ=ギンタスからハンナ・アレントへ』(東京大学出版会 )
  • 『シティズンシップの教育思想』(白澤社)
  • 『教育政治学を拓く』(勁草書房)

山名 淳(やまな じゅん) 教授

教育哲学

専門は教育哲学・思想史研究です。人間が環境に働きかけ,そこに< 文化> を生み出しつつ,その< 文化> が人間に作用し返すような力動性を想像してみます。この力動性を主役として世界を眺めるとき,通常は人間を主役として理解される教育がいかに捉え直されるのか,ということに関心があります。Bildung 概念とその飜訳問題,都市と学校のアーキテクチャ問題,「新教育」の理論と実践,想起教育学などを具体的な考察の領野としつつ,この課題に取り組んでいます。

代表著書:

  • 『都市とアーキテクチャの教育思想』(勁草書房)
  • 『夢幻のドイツ田園都市』(ミネルヴァ書房)
  • 『災害と厄災の記憶を伝える』(共編著,勁草書房)

小国 喜弘( こくに よしひろ) 教授

教育史

学校教育に関する言説・制度・実践などを歴史的に対象化することを目的とし、日本教育史の研究に取り組んできました。特に1945年を画期とする戦前から戦後にかけての教育方法の特徴をナショナリズムとの関連に焦点をあてて読み解くことを課題としています。学校教育の変革期にある今、戦後の学校教育の理論的背景となってきた「戦後教育学」を批判的に検討し、新たな教育学の可能性を模索したいと考えています。

代表著書:

  • 『戦後教育のなかの<国民>――乱反射するナショナリズム』(吉川弘文堂)
  • 『民俗学運動と学校教育――民族の発見とその国民化』(東京大学出版会)

片山 勝茂(かたやま かつしげ) 准教授

教育人間学

対立する複数の価値観が並存しながらも、自由で平等な市民が協力して維持する、正義に適った安定した民主的社会はいかにして可能か。ジョン・ロールズが残したこの問いに教育学の立場からアプローチするべく、「教育と人間と社会のあり方」を考察しています。特に関心を持っている教育のフィールドは、多文化社会イギリスと日本におけるシティズンシップ(市民性)教育と道徳教育です。

代表著書:

  • Education and Practice: Upholding the Integrity of Teaching and Learning(Blackwell Publishing)(分担執筆)
  • 『道徳教育の可能性――その理論と実践』(ナカニシヤ出版)(分担執筆)

比較教育社会学コース

恒吉 僚子(つねよし りょうこ) 教授

比較教育学

子どものしつけや教育,社会化過程を,それを取り巻く社会・文化的コンテクストの中でとらえ,国際比較,異文化間比較を行なっています。「多文化化」「グローバリゼーション」等,マクロな社会や,国境を越えた動きと,教室内のミクロな日常性とをつなぐ作業を,比較視点から模索することに関心があります。国際比較から見た日本の子どものしつけや教育の特徴等にも関心があります。

本田 由紀(ほんだ ゆき) 教授

教育社会学

主に,家族と教育,教育と仕事,仕事と家族という,異なる社会領域間の関係について調査研究をしています。90年代以降の日本社会では,この3つの関係には矛盾が露わになっています。たとえば家庭教育に対する圧力や格差の高まり,「学校から職業への移行」の機能不全,仕事の不安定化による家族形成の困難化などです。それらをどう立て直していくか,行政や草の根的な運動がいかに関わってゆくべきかを考えています。

橋本 鉱市(はしもと こういち) 教授

高等教育論

高等教育に関わる諸事象を,主に歴史社会学的なアプローチによって研究しています。学問領域・内容の制度化プロセス,プロフェッションとしての大学教授職,学位制度・教育プログラム,高等教育の制度・組織的分化,専門職養成の政策過程など分析対象は多岐にわたりますが,激変する現代の高等教育をめぐる制度・組織・政策を,近代以降の大きな歴史的な流れの中で相対化する地道な作業が必要だと考えています。

中村 高康(なかむら たかやす) 教授

比較教育システム論

大学入試や高校生の進路選択など、「教育と選抜」に関わる諸現象の計量的・比較社会学的検討が主要な研究テーマです。近年では関心を拡げて、社会階層と教育制度の関連、進路選択と地域性の問題、メリトクラシー(能力主義)に関する理論的考察なども手がけています。量的な研究方法を使うことが多いですが、最近は質的な方法もできるだけ取り入れた総合的なアプローチ(混合研究法)がとても重要だと感じています。

仁平 典宏(にへい のりひろ)准教授

教育社会学

「教育的なもの」をその外部において捉えることを課題としています。例えば、社会保障制度は既存の給付型から教育・訓練型へと変化しています。「市民」概念も、教育を通じて「なる」ものへと転換しつつあります。「主体の絶えざるバージョンアップ」を要請する〈教育〉のコードが、隣接するシステムに忍び込み変質させていく――その有り様と帰結を社会学的に追尾することで、近年の社会変化の諸相を解明していきたいと思います。

額賀 美紗子(ぬかが みさこ)准教授

比較教育学

グローバル化の進展が家族,学校,子どものアイデンティティや能力形成に及ぼす影響に関心があります。国際移動する子どもに注目し,在米日本人家族や在日外国人家族のエスノグラフィー研究を行ってきました。学校の日常や家族の教育戦略の中でジェンダー,エスニシティ,階層,学力が交錯する過程を見ています。日米の学校調査を通じて多文化教育や市民性教育の国際比較も行っており,マイノリティを包摂する教育と社会のありかたを研究中です。

教育実践・政策学コースコースのWEBサイト

牧野 篤(まきの あつし) 教授

生涯学習論

教育や学習の営みを通して人間と社会を考える
人が生活を営み,成長していく過程に現われる様々な事象を通して,社会のあり方を考え,人が幸せに暮らすために何ができるのかを考えることに関心があります。曖昧な人間と社会を対象とするが故に曖昧な学問である社会教育・生涯学習は,その曖昧さが魅力です。そこから,フィールドは子どもの成長の社会的な意味,少子高齢社会における学び,東アジア地域のコミュニティー教育,そしてまちづくりなど,無限に広がっていきます。

代表著書:

  • 『中国変動社会の教育-流動化する個人と市場主義への対応』(勁草書房,2006)
  • 『シニア世代の学びと社会-大学がしかける知の循環』(勁草書房,2009)
  • 『認められたい欲望と過剰な自分語りーそして居合わせた他者・過去とともにある私へー』(東京大学出版会,2011)
  • 『人が生きる社会と生涯学習-弱くある私たちが結びつくこと-』(大学教育出版,2012)

影浦 峡(かげうら きょう) 教授

図書館情報学

そもそも言語において考えることとは何かを研究しています。その大枠の中で,メディア/言語の分布構造を分析し,近代の図書館が実現しようとしてきた理念とはどのようなものだったのか,それはどのようなメディアと言語の配置を前提としていて,その前提はこれからどのようになっていくのか,といった問題を考えつつ,メディアや言語の理論からリテラシーの実践・工学的応用まで,いろいろやっています。オンライン翻訳者支援システム「みんなの翻訳」(http://trans-aid.jp/),教育システム「みんなの翻訳実習」(http://edu.trans-aid.jp/)も運用・公開しています。

代表著書:

  • The Dynamics of Terminology(John Benjamins, 2002)
  • 『子どもと話す言葉ってなに?』(現代企画室,2006)
  • 『3.11後の放射能「安全」報道を読み解く』(現代企画室,2011)
  • The Quantitative Analysis of the Dynamics and Structure of Terminologies(John Benjamins, 2012)
  • 『信頼の条件ー原発事故をめぐる言葉』(岩波,2013)

李 正連(い じょんよん) 准教授

社会教育学

社会教育とは何か、という問いにすぐ答えられる人は、研究者の中でもそれほど多くないと思います。社会教育はよく「ごった煮」といわれているように、その対象及び教育(活動)の内容や方法、場所なども非常に多様で、広いです。では、このような「社会教育」という言葉はいつから使われ始めたのか。その用語の起源をはじめ、近代社会教育の成立と展開について研究をしています。そして、最近は日韓の社会教育・生涯学習の政策や教育福祉問題、草の根教育・学習運動などにも視野を広げて検討しています。

代表著書:

  • 『韓国社会教育の起源と展開―大韓帝国末期から植民地時代までを中心に―』(大学教育出版,2008)
  • 『日本の社会教育・生涯学習-新しい時代に向けて-』(共編著,大学教育出版,2013)
  • 『社会教育福祉の諸相と課題―欧米とアジアの比較研究―』(共著,大学教育出版,2015)
  • 『国家主義を超える日韓の共生と交流』(共編著,明石書店,2016)

新藤 浩伸(しんどう ひろのぶ) 准教授

生涯学習論

人間の生涯にわたる成長・発達における多様な学びの意味を、表現・文化活動、芸術活動を中心に研究しています。さらにそのための環境をどう支援し創造していくか、イギリスなどとの比較も視野に入れつつ、日本の公共ホールや博物館などの文化施設、教育・文化政策、文化産業の歴史に即して調査しています。人が暮らしの中で楽しみ、学び、変わり続けることで創造されていく社会や文化の形を、フィールドの中で恊働的に、また歴史的にも探求したいと考えています。

代表著書:

  • 『表現・文化活動の社会教育学』(共著、学文社、2007)
  • 『公会堂と民衆の近代―歴史が演出された舞台空間』(単著、東京大学出版会、2014)
  • 『地域学習の創造―地域再生への学びを拓く』(共著、東京大学出版会、2015)
  • 『成人教育と文化の発展』(監訳,東洋館出版社,2016)
  • 『触発するミュージアム―文化的公共空間の新たな可能性を求めて』(編著,あいり出版,2016)
  • 『地域に根ざす民衆文化の創造―「常民大学」の総合的研究』(編集委員,藤原書店,2016)

勝野 正章(かつの まさあき) 教授

教育行政学(所属は「大学院学校開発政策コース」)

学校の管理運営や教職員に関する政策・制度を外国との比較を視野におきながら研究しています。また最近では,教職員はもちろん,子ども,父母・保護者,地域住民も参加して協働的に行う「学校づくり」の理論=実践的可能性を探ることに関心があり,いくつかの自治体や学校でアクションリサーチを始めています。

代表著書:

  • 『教育課程改革と教師の専門職性』(訳書,学文社,1998)
  • 『教育行政学』(共編著,学文社,2005)
  • 『教育行政と学校経営』(共著,放送大学教育振興会,2012)
  • Teacher Evaluation Policies and Practices in Japan(Routlege, 2016)

村上 祐介(むらかみ ゆうすけ) 准教授

教育行政学(所属は「大学院学校開発政策コース」)

現代民主政治における教育政策・行政は高度な専門性が求められる一方で,政治家や市民による民主的統制も必要とされています。しかし,この二つの要素は両立しがたい側面があり,どのように両者の調和を図るかが問われています。こうした観点から,戦後日本の教育行政の特質を検討すると同時に,民主的統制と専門性の在り方が教育政策に与える影響を分析しています。

代表著書:

  • 『教育行政の政治学―教育委員会制度の実態と改革に関する実証的研究』(単著,木鐸社,2011年)
  • 『地方政治と教育行財政改革』(共編著,福村出版,2012年)
  • 『テキストブック地方自治 第2版』(分担執筆,東洋経済新報社,2010年)
  • 『教育委員会改革5つのポイント』(編著,学事出版,2014年)

斎藤 兆史(さいとう よしふみ) 教授

言語教育(所属は「大学院教育内容開発コース」)

日本の英語受容・学習・教育史関連資料の検証や、高度な英語力を身につけた日本人に関するケース・スタディを通じ、日本人にふさわしい英語学習・教育のあり方を研究しています。また最近では、英語教師がクラスの特性に応じて臨機応変に教授法を工夫すること、また授業において学習者に英語使用の手本を示すことが重要であるとの認識に基づき、教師教育の方法論も研究しています。

代表著書:

  • 『英語達人列伝』(中央公論新社,2000)
  • 『英語の作法』(東京大学出版会,2000)
  • 『日本人と英語』(研究社,2007)

北村 友人(きたむら ゆうと) 准教授

人文社会教育(所属は「大学院教育内容開発コース」)

グローバル化時代における教育のあり方について、政治・経済・社会などとの関わりのなかから理論的および実証的に明らかにすることを目指しています。そのために、アジアの途上国を主なフィールドとした学校教育の充実に関する研究、「持続可能な開発のための教育(ESD)」に関する研究、高等教育の国際化と国際協力に関する研究などに取り組んでいます。これらの研究を通して、教育の公共性とは何であるのかという問題について、深く考えていきたいと思っています。

代表著書:

  • 『〈岩波講座〉教育 変革への展望 グローバル時代の市民形成』(編著, 岩波書店, 2016)
  • 『国際教育開発の研究射程―「持続可能な社会」の実現へ向けた比較教育学の最前線―』(東信堂, 2015)
  • The Political Economy of Schooling in Cambodia: Issues of Quality and Equity(共編著, Palgrave Macmillan,2015)
  • Emerging International Dimensions in East Asian Higher Education(共編著, Springer, 2014)

藤江 康彦(ふじえ やすひこ) 准教授

授業研究(所属は「大学院教職開発コース」)

学校における子どもや教師の学習と発達およびそれを支える環境のあり方について、教育方法学、教育心理学、学習科学などの研究知見に学び、学校でのフィールドワークやコンサルテーションを行いながら追究しています。授業における談話空間の社会文化的構成と子どもの学習との関係性、教師の学習や熟達を支える校内研修や学校組織のあり方、幼小連携や小中連携などの校種間連携による子どもや教師の学校参加や活動、組織のあり方の変容、などに関心があります。現在は、小中一貫校の学校づくりのフィールドワークをおこなっています。

代表著書:

  • 『21世紀の学びを創る:学習開発学の展開』(共編著,北大路書房,2015)
  • 『質的心理学ハンドブック』(分担執筆,新曜社,2013)
  • 『授業研究と学習過程』(共著,放送大学教育振興会,2010)

浅井 幸子(あさい さちこ) 准教授

カリキュラム研究(所属は「大学院教職開発コース」)

教育実践の歴史的な研究を専門としています。明治以降の小学校教育や幼稚園・保育所の保育について、教室における教師と子どもの関係や経験がどのように語られ構成され意味づけられたかということを、教師の語りやカリキュラムの編成に即して検討しています。教師のキャリア形成にも関心があり、継続的に、女性と男性の小学校の先生にライフヒストリーインタビューを行っています。

代表著書:

  • 『教師の語りと新教育』』(東京大学出版会,2008)
  • 『保育と家庭教育の誕生』(共著,藤原書店,2012)
  • 『教師の声を聴く』(共著,学文社,2016)

教育心理学コース

市川 伸一(いちかわ しんいち) 教授

教授・学習心理学

学習,理解,推論,動機づけといった問題を軸に,認知理論と教育実践をつなぐことがテーマです。実験や調査による基礎研究とともに,授業改善や社会教育の実践に直接関わりつつ,「教育をつくりながら考える教育心理学」を標榜しています。自らの「学ぶ経験」,「教える経験」を心理学研究として生かしてみたいという学生の方を歓迎します。

南風原 朝和(はえばら ともかず) 教授

教育情報科学

個についての理解を深める上で,集団データから得られる統計的指標がどのような意味をもちうるのかといった,心理学研究と統計的方法との関係についての方法論的な問題に興味があります。また,テストの統計的分析にも関心をもっており,入学試験のような実際的な測定・評価における様々な問題に対して,実証的に迫っていきたいと思っています。

秋田 喜代美(あきた きよみ) 教授

教授・学習心理学(所属は「大学院教職開発コース」)

学校や幼稚園・保育所という制度的教育の場での,子どもと教師・保育者の学習や発達の過程とその発達を支える社会文化的環境や活動について解明しています。談話などの文化的道具に着目し,子どもたちがどのように書き言葉や談話を学び,学習していくのか,また教師は授業をどのようにデザインし実践をし省察をしているのかを探究しています。

岡田 猛(おかだ たけし) 教授

教育認知科学

「アイデアが生まれて,それが形になっていく過程」に興味があり,芸術家の創造活動について研究しています。「芸術家はどのように作品を作っていくのか」「独創的なアイデアはどのように生まれるのか」といった問いについて,認知科学的な解明を目指しています。その際,フィールドワークに基づいて「創造の現場で起こっている認知活動」についての仮説を生成し,それを心理学実験で検証するといったマルチメソッドを用いて研究を進めています。

遠藤 利彦(えんどう としひこ) 教授

発達心理学

人生早期に子どもと養育者との間に形成されるアタッチメントがいかなる要因によって規定され,それはまたその後の子どもの(特に社会情緒的側面の)発達の道筋にどのように影響するのかについて関心を持っています。さらに,人の様々な感情がどのような過程を経て生じてくるのか,そしてそれは子どもの心身の発達全般にいかなる意味を有するのかについても,進化論あるいは文化論の視点を交えながら,考察しています。

藤村 宣之(ふじむら のぶゆき) 教授

教授・学習心理学(所属は「大学院教育内容開発コース」)

子どもが数学的概念や科学的概念の理解を深めていくプロセスや学習観の変容過程,それらを他者との関わりのなかで促進する授業のあり方に関心があります。小学生から高校生までを対象に,個別実験・面接,記述形式の調査,授業時の発話や記述内容の分析,小・中・高の教員との実践共同研究などにより研究を進めています。子どもの心理的変化のプロセスに着目することで,教授・学習研究,認知発達研究,授業過程研究といった心理学研究を関連づけることをめざしています。

針生 悦子(はりゅう えつこ) 教授

発達心理学

生まれたときには本当に無力に見えた子どももやがて,ことばを話し,人の気持を思いやった行動がとれ,新しく直面した問題にもうまいやり方で対処できるようになっていきます。この当たり前に見える変化がどのようにして起こっているかを知りたいと考えています。特に言語の獲得とからめて子どもの世界に対する見方はどのように構造化されていくのかといったことに興味があります。

植阪 友理(うえさか ゆり) 助教

教授・学習心理学

認知心理学を生かした個別学習相談,授業デザイン,テスト開発などを幅広く行っています。特に,学び方(学習方略)の改善もあわせて行う授業実践のあり方を,心理学的研究として検討するのみならず学校現場と協同しながら開発することに力を入れています。

身体教育学コースコースのWEBサイト

山本 義春(やまもと よしはる) 教授

教育生理学

生体情報や健康関連情報のデータ分析が専門です。研究面では、教育や医療のフィールドを念頭に、データを如何に取得するか、どのように分析するか、結果を如何に解釈するか、健康リスクの評価や予防介入にどのように活かすか、といった問題について、生理測定、信号処理、モデリング、統計解析などの立場から考究しています。扱うデータは、標準的な生理測定データに加え、行動・社会医学的情報まで多岐にわたります。教育面でも、多様な興味関心を持つ学生や研究者に、情報化社会に相応しい専門的かつ総合的な「分析力」を身につけてもらうことを目指しています。

佐々木 司(ささき つかさ) 教授

健康教育学

人間の「こころと体」の成長・発達に影響する遺伝的・環境的諸要因について,精神科医としての経験も活かして研究活動を進めたいと考えています。ちなみに,人の成長・発達には心理社会的要因とともに生物学的要因の役割も非常に大きいのですが,これを総合的に理解して社会で活躍できる人材を育成していきたいと思います。研究の具体的課題としては,24時間社会化に伴う睡眠・覚醒リズムの変化とその成長・発達・健康維持への影響,胎生期の環境やゲノムのvariationが成長・発達に及ぼす影響等を当面扱っていきたいと思います。また,高等教育の現場をとりまく様々な問題が学生・教職員の心身の健康にどのような影響を与えているかについても研究を進める予定です。

多賀 厳太郎(たが げんたろう) 教授

発達脳科学

ヒトの運動,知覚,認知が,脳と身体と環境との動的相互作用を通じて生成される原理を探っています。特に,新生児や乳児の発達過程に焦点を当て,生得性,複雑なシステムの発展法則,環境への適応性,自発的な情報生成機構などを明らかにしたいと考えています。行動計測,心理実験,脳のイメージング,非線形動力学モデリングと計算機シミュレーションなどを行っています。

野崎 大地(のざき だいち) 教授

身体教育科学

我々の身体運動をささえる神経系・筋骨格系は極めて冗長な特徴を有しています。例えば単一の関節を曲げ伸ばしする運動にさえ,膨大な数の脳,脊髄の神経細胞,複数の筋が関与しているのです。動作分析,(誘発)筋電図,脳波,脳磁気刺激,fMRI,ロボットアームをもちいた運動学習パラダイムなどの手法を用いて,このような冗長性のもと,ヒトの精緻な運動がどのように実現され,また獲得されていくのかを明らかにしたいと考えています。

東郷 史治(とうごう ふみはる) 准教授

教育生理学

我々の生活習慣は身体そしてこころの健康と密接に関連します。さまざまな環境のなかで多様化しつつある心身の健康問題の背景を明らかにし、その対応策を検討するために、身体活動、睡眠、休息と疲労、概日リズム、栄養といった日常生活を構成する基盤となる事象に関する研究を実施しています。とくに、生理学、生体情報学などの手法を用いて、実験およびフィールド調査を実施し、幅広い年代でのその実態を明らかにしたいと考えています。

森田 賢治(もりた けんじ) 准教授

身体教育科学

スポーツや楽器演奏の習得において、成功や失敗の経験からいかに学ぶか、またその過程で自らをいかに動機付けるかは重要な問題です。また、スリルを楽しいと思うか怖いと思うか、あるいは動作を面倒に感じるか心地良さを覚えるかなどは、経験、心身の状態、そして人によっても異なります。これらの根幹にあると考えられる脳と身体における学習と情動のメカニズムを、生物学的知見に基づく数理モデリングと、行動・生理・脳機能イメージング実験等を用いて、明らかにしていきたいと考えています。

ページトップへ