トップページ 教員・スタッフ紹介 大学院進学を目指す人へ 駒場から進学を目指す人へ 研究環境と実験設備 アクセス・連絡先 内部連絡

東京大学大学院教育学研究科・身体教育学コースは「教育生理学(山本義春教授、東郷史治教授)」「発達脳科学(多賀厳太郎教授)」「健康教育学(佐々木司教授)」「身体教育科学(野崎大地教授、森田賢治准教授)」の4つの研究分野から成り、密接な協力のもと、ヒトの身体・心・脳の仕組み・発達やそれらの相互作用、さらには心身の健康増進に関する現代的かつ先進的諸問題とその教育応用について広く取り組んでいます。


 2022/06/03 周瑞さん(博士課程)の「中高生における精神病様体験と希死念慮・自傷行為の縦断的関連性」が、第14回日本不安症学会学術大会で若手優秀演題賞を受賞しました。

 2022/04/01 博士課程の松隈誠矢さん、牧野勇登さんが日本学術振興会特別研究員(DC)に採用されました。

 2022/03/15 森田賢治准教授と理化学研究所の加藤郁佳さんによるSpotlight "Dopamine ramps for accurate value learning under uncertainty"Harvard大学の研究者らによる論文を紹介・議論する内容)がTrends in Neurosciencesに掲載されました。

 2022/02/24 佐々木教授の論説「「メンタルヘルスリテラシー」向上のために」(都市問題 2022年2月号掲載)が、朝日新聞の「論壇委員が選ぶ今月の3点」に選ばれました。

 2021/12/01 東郷史治先生が教授に昇任されました。

 2021/12/01 冨田千愛さんが特任研究員に着任されました。

 2021/11/26 岸哲史助教がJST創発的研究支援事業に採択されました。

 2021/11/24 山口智史さん(博士課程)らの論文"A survey of mental health literacy in Japanese high school teachers"が、BMC Psychiatryに掲載され、HealthDay Newsの記事として紹介されました。

 2021/11/4-5 牧野勇登さん(博士課程)の"Visuomotor learning response modulated with temporal pattern of visual error rather than feedback response"およびコースOBの林拓志さん(Harvard大学博士研究員)の"Shifts in neural preferred directions predict systematic changes in rate of motor learning"(Harvard大学との共同研究)がAdvances in Motor Learning & Motor Control 2021 (MLMC2021)に採択されオンラインで口頭発表します(どなたでも無料で参加可能です)。

 2021/09/18 コースOBの小林佳雄さん(現所属:国立障害者リハビリテーションセンター研究所)、多賀教授らの論文"Multiple patterns of infant rolling in limb coordination and ground contact pressure"が、Experimental Brain Research に掲載されました。

 2021/09/16 Zheyu Fengさん(博士課程)らによる論文 "A Reinforcement Learning Approach to Understanding Procrastination: Does Inaccurate Value Approximation Cause Irrational Postponing of a Task?"が、Frontiers in Neuroscienceに掲載されました。

 2021/09/11 第15回モーターコントロール研究会において、牧野勇登さん(博士課程)がベストプレゼンテーション賞と若手奨励賞を、小林稔季さん(博士課程)が若手奨励賞を受賞しました。

 2021/09/08 山口智史さん(博士課程)の「学校教員が実施する高校生向け精神保健リテラシー教育:準クラスターランダム化比較試験による効果検証」が、第13回日本不安症学会学術大会で若手優秀演題賞を受賞しました。

 2021/08/31 Kun Qianさん(元外国人特別研究員)が北京理工大学(中国)の教授に就任されました。

 2021/08/31 Kun Qian研究員、小池智哉さん(修士課程)、山本教授と、Imperial College London (UK)、大阪大学との共同研究による論文 "Learning Multimodal Representations for Drowsiness Detection"が、IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systemsに掲載されました。

 2021/06/30 Kun Qian研究員、山本教授とImperial College London (UK)の共同研究による論文 "Artificial Intelligence Internet of Things for the Elderly: From Assisted Living to Health-Care Monitoring"が、IEEE Signal Processing Magazineに掲載されました。

 2021/06/13 Kun Qian研究員らの論文 "Molecular dynamics simulation and machine learning of mechanical response in non-equiatomic FeCrNiCoMn high entropy alloy"が、Journal of Materials Research and Technologyに受理されました。

 2021/06/06 Kun Qian研究員らの論文 "Prediction on mechanical properties of non-equiatomic high-entropy alloy by atomistic simulation and machine learning"が、Metalsに掲載されました。

 2021/04/20 Kun Qian研究員らの論文 "Learning audio sequence representations for acoustic event classification"が、Expert Systems with Applicationsに受理されました。

 2021/04/11 下村寛治さん(修士課程)・加藤郁佳さん(総合文化研究科/理化学研究所/学振特別研究員)と森田賢治准教授による論文 "Rigid Reduced Successor Representation as a Potential Mechanism for Addiction"がEuropean Journal of Neuroscienceにアクセプトされ、先行公開されました。

 2021/04/01 博士課程の西田明日香さん、竹内皓紀さん、日下桜子さんが日本学術振興会特別研究員(DC)に採用されました。

 2021/04/01 武見充晃さんが慶應義塾大学理工学部生命情報学科特任講師に就任されました。