東京大学|大学院教育学研究科・教育学部 東京大学|大学院教育学研究科・教育学部

教育心理学コース スタッフ紹介

秋田 喜代美(あきた きよみ) 教授

教授・学習心理学(所属は「大学院教職開発コース」)

学校や幼稚園・保育所という制度的教育の場での,子どもと教師・保育者の学習や発達の過程とその発達を支える社会文化的環境や活動について解明しています。談話などの文化的道具に着目し,子どもたちがどのように書き言葉や談話を学び,学習していくのか,また教師は授業をどのようにデザインし実践をし同僚と共に協働省察をしているのかを探究しています。

岡田 猛(おかだ たけし) 教授

教育認知科学

「アイデアが生まれて,それが形になっていく過程」に興味があり,芸術家の創造活動について研究しています。「芸術家はどのように作品を作っていくのか」「独創的なアイデアはどのように生まれるのか」といった問いについて,認知科学的な解明を目指しています。その際,フィールドワークに基づいて「創造の現場で起こっている認知活動」についての仮説を生成し,それを心理学実験で検証するといったマルチメソッドを用いて研究を進めています。

遠藤 利彦(えんどう としひこ) 教授

発達心理学

人生早期に子どもと養育者との間に形成されるアタッチメントがいかなる要因によって規定され,それはまたその後の子どもの(特に社会情緒的側面の)発達の道筋にどのように影響するのかについて関心を持っています。さらに,人の様々な感情がどのような過程を経て生じてくるのか,そしてそれは子どもの心身の発達全般にいかなる意味を有するのかについても,進化論あるいは文化論の視点を交えながら,考察しています。

藤村 宣之(ふじむら のぶゆき) 教授

教授・学習心理学(所属は「大学院教育内容開発コース」)

子どもが数学的概念や科学的概念(自然,社会)の理解を深めていくプロセスや学習観の変容過程,それらを他者との関わりのなかで促進する授業のあり方に関心があります。小学生から高校生までを対象に,個別実験・面接,記述形式の調査,授業時の発話や記述内容の分析,小・中・高の教員との実践共同研究などにより研究を進めています。子どもの心理的変化のプロセスに着目することで,教授・学習研究,認知発達研究,授業過程研究といった心理学研究を関連づけることをめざしています。

針生 悦子(はりゅう えつこ) 教授

発達心理学

生まれたときには本当に無力に見えた子どももやがて,ことばを話し,人の気持を思いやった行動がとれ,新しく直面した問題にもうまいやり方で対処できるようになっていきます。この当たり前に見える変化がどのようにして起こっているかを知りたいと考えています。特に言語の獲得とからめて子どもの世界に対する見方はどのように構造化されていくのかといったことに興味があります。

岡田 謙介(おかだ けんすけ) 准教授

教育情報科学

心理・教育・行動データをモデリングし,現象の理解と予測に役立てることに関心を持っており,そのためにとくにベイズ統計学の方法論と応用を研究しています。心や行動について科学的に理解していくためにも,社会科学的な問題を実証的に解決していくためにも,統計学の理論と方法を役立てることのできるフィールドは私たちの未来に広がっていると思います。

下山 晴彦(しもやま はるひこ) 教授

発達臨床心理学(所属は「大学院臨床心理学コース」)

特定の心理療法の学派や技法を超えて,総合的に臨床心理学の技能と教育方法を開発することをテーマとし,次の4領域を中心に実践,研究,教育をしています。1)発達段階に適した援助方法(最近は子どもの認知行動療法)の開発。2)個人療法とシステム療法を統合する“つなぎモデル”の開発。3)国際比較に基づき,日本の文化や制度に適した教育や訓練の方法の開発。4)物語論の観点から臨床心理学の体系化。

能智 正博(のうち まさひろ) 教授

臨床心理カリキュラム論(所属は「大学院臨床心理学コース」)

語り(ナラティブ)は個人の「内面」の表現であると同時に、個人の世界を作り上げる実践です。臨床実践とは個人の語りの再構築を支援することであり、コミュニティの語りに対する働きかけでもあります。私は、障害や慢性疾患をもつ方々などの語りやライフストーリーの特徴とその生成変化、生涯発達のなかでの自己語りの変化や主体価値の発達過程などをテーマに研究を進めています。また、語りを捉える質的研究の方法論・技法論の整理と普及にも努力しています。

高橋 美保(たかはし みほ) 教授

臨床心理システム論(所属は「大学院臨床心理学コース」)

個人に起こる心理的問題は、個人的要因のみに起因するのではなく、個人が生きる社会的要因の影響も受けています。また、個人に起こる心理的な問題が社会の問題を浮き彫りにしていることもあります。このような視点から、個人の生きにくさを、コミュニティや社会といった視点から理解し、個人・組織・社会を援助する具体的な方法論と理論を構築するための研究や実践を行っています。特に、就労、復職、失業など働くことにまつわるメンタルヘルスに注目し、現代社会の中で個人が自身のライフキャリアを構築し、生き抜くことを支援するための研究や実践を行っています。

滝沢 龍(たきざわ りゅう) 准教授

臨床心理カリキュラム論(所属は「大学院臨床心理学コース」)

「ストレスと心身の健康」や「こころの健康科学」の研究と予防教育カリキュラム開発に関心があります。様々なストレス要因や逆境体験に関わらず,心身の健康を保てるようレジリエンスをもたらす認知行動理論と実践法の実証を目指します。社会環境(家庭・学校・職場)における科学的実証のため縦断的コホート,双生児法,脳科学などの手法で迫ります。精神科医としての経験を活かしながら,生涯発達における健康増進・発症予防(<育み・守る>)のために,<見える化>するテクノロジー(生物学的指標やIoT 技術等)も用いて,日常生活場面で利用できる非侵襲的な予防介入法・評価法の開発と効果研究に取り組みます。

野中 舞子(のなか まいこ)講師

発達臨床心理学(所属は「大学院臨床心理学コース」)

「様々な“生きにくさ”を抱えた子供とその家族をどのように支援することで,将来その子が成長した時に,よりよい人生を送ることができるのか,そんな大きな問いを実践と研究を通して明らかにしていきたいと考えています。特に,児童・思春期に発症した強迫性障害とチック障害(特にトゥレット症候群)の支援について学生の頃から研究してきたため,強迫性や衝動性という特性に対するアプローチに関心があります。その実態の理解,内的な体験理解,家族支援,認知行動療法によるアプローチの発展に取り組んでいきたいです。

ページトップへ