東京大学|大学院教育学研究科・教育学部 東京大学|大学院教育学研究科・教育学部

比較教育社会学コース スタッフ紹介

恒吉 僚子(つねよし りょうこ) 教授

恒吉 僚子(つねよし りょうこ) 教授

比較教育学

子どものしつけや教育,社会化過程を,それを取り巻く社会・文化的コンテクストの中でとらえ,国際比較,異文化間比較を行なっています。「多文化化」「グローバリゼーション」等,マクロな社会や,国境を越えた動きと,教室内のミクロな日常性とをつなぐ作業を,比較視点から模索することに関心があります。国際比較から見た日本の子どものしつけや教育の特徴等にも関心があります。

本田由紀

本田 由紀(ほんだ ゆき) 教授

教育社会学

主に,家族と教育,教育と仕事,仕事と家族という,異なる社会領域間の関係について調査研究をしています。90年代以降の日本社会では,この3つの関係には矛盾が露わになっています。たとえば家庭教育に対する圧力や格差の高まり,「学校から職業への移行」の機能不全,仕事の不安定化による家族形成の困難化などです。それらをどう立て直していくか,行政や草の根的な運動がいかに関わってゆくべきかを考えています。

橋本鉱市

橋本 鉱市(はしもと こういち) 教授

高等教育論

高等教育に関わる諸事象を,主に歴史社会学的なアプローチによって研究しています。学問領域・内容の制度化プロセス,プロフェッションとしての大学教授職,学位制度・教育プログラム,高等教育の制度・組織的分化,専門職養成の政策過程など分析対象は多岐にわたりますが,激変する現代の高等教育をめぐる制度・組織・政策を,近代以降の大きな歴史的な流れの中で相対化する地道な作業が必要だと考えています。

中村高康

中村 高康(なかむら たかやす) 教授

比較教育システム論

大学入試や高校生の進路選択など、「教育と選抜」に関わる諸現象の計量的・比較社会学的検討が主要な研究テーマです。近年では関心を拡げて、社会階層と教育制度の関連、進路選択と地域性の問題、メリトクラシー(能力主義)に関する理論的考察なども手がけています。量的な研究方法を使うことが多いですが、最近は質的な方法もできるだけ取り入れた総合的なアプローチ(混合研究法)がとても重要だと感じています。

仁平典宏

仁平 典宏(にへい のりひろ)准教授

教育社会学

「教育的なもの」をその外部において捉えることを課題としています。例えば、社会保障制度は既存の給付型から教育・訓練型へと変化しています。「市民」概念も、教育を通じて「なる」ものへと転換しつつあります。「主体の絶えざるバージョンアップ」を要請する〈教育〉のコードが、隣接するシステムに忍び込み変質させていく――その有り様と帰結を社会学的に追尾することで、近年の社会変化の諸相を解明していきたいと思います。

ページトップへ