東京大学|大学院教育学研究科・教育学部 東京大学|大学院教育学研究科・教育学部

教育研究創発機構

教育研究創発機構について

2004年度から、教育学研究科内に、学校臨床総合教育研究センターをひとつの中核センターとして、教育研究創発機構(以下、機構)が設立されました。ますます複雑化し、多様化する「教育の問題」を解明するためには、既存の学問分野にとらわれない教育研究が必要です。このような時代の要請に応えるために誕生したのが本機構です。したがって、機構は、従来の教育研究の枠組みにこだわることなく、新たな教育研究を誘発し創造することをめざした新しいタイプの組織といえます。

機構は、「学校教育高度化・効果検証センター(旧学校臨床総合教育研究センター)」に加え、2004年に発足した「先端発達研究センター」、2009年に発足した「バリアフリー教育開発研究センター」および2015年度に発足した「発達保育実践政策学センター」の4センターを中心に、さまざまな分野の研究をつなぎ、さらなる発展を促すためのインキュベーション(新規研究支援)ないしネットワーク構築のための活動を行っています。とくに大学院学生をはじめ、若手研究者に、「コースの壁」「既存の領域の壁」を越えた研究交流の場を提供することを機構の課題と考えています。次世代が担っていくべき新たな視点からの教育研究を創発することも、機構の役目です。

ページトップへ