東京大学|大学院教育学研究科・教育学部 東京大学|大学院教育学研究科・教育学部

学校教育高度化・効果検証センター

学校教育高度化・効果検証センター

センター設立の経緯と目的

学校教育高度化・効果検証センター(Center for Advanced School Education and Evidence-Based Research: CASEER)は,平成29 年度にこれまでの学校教育高度化センター(平成18 年度創設)を改組して設置されました。学校教育高度化センターは教職専門性の高度化,学校開発政策の高度化を推進することを目的として研究活動,講演会等のイベントを行ってきました。前身である学校臨床総合教育研究センター(平成9 年度創設)の「実践性」「総合性」「連携性」の原則にもとづく学校教育の現実的な問題解消を目指す研究の伝統を継承しつつ,学校教育高度化専攻との協調関係を基盤としながら,全国の大学,教員養成機関,教育委員会,学校等との連携をはかってまいりました。そして,平成29 年度には,従来からのグローバル部門に加えて,教育効果のエビデンスの蓄積を目的とした効果検証部門が整備され,センターは現在の形に発展しました。



  • センター共催シンポジウム(2017 年6 月安田講堂にて)

効果検証部門

効果検証部門は,「高等教育ユニット」と「中等教育ユニット」の2 つの下位部門に分かれ,教育の効果の実証的検討を通じてより効果的な教育を模索しています。

「高等教育ユニット」は,社会に出ていく前の大学生の成長において,高等教育が持ちうる機能を実証的に検証し,その結果をもとに高等教育の実践に対する政策提言を行っていくことを目的に設立されました。具体的には,東京大学・大学総合教育研究センターと連携し,東大の学生が在学中に受ける教育や卒業後の教育がもたらす効果について互いの関連を分析することで,東京大学の教育がもつ効果を明らかにすべく,学生を対象とした各種調査を分析・検証しています。

「中等教育ユニット」は,中学生・高校生の生徒たちが経験する主体的で探究的な学びが,大学や社会へとどのようにつながっていくのかを,実証的に検討することを目的に設立されました。具体的には,東京大学教育学部附属中等教育学校(以下,附属学校)と連携し,附属学校の在校生・卒業生を対象としたパネル調査を実施しています。在校生のパネル調査は,附属学校の生徒たちが在学中に毎年度行われるもので,附属学校の特徴である総合的な学習への取り組みが生徒たちの価値観や探究的な態度,市民性の発達に対しどのような影響を持ちうるのかを検討するために,平成28 年度より継続的に実施しています。卒業生のパネル調査は,附属学校の生徒たちが卒業後5 年経過した時点から5 年間隔で行われるもので,附属学校での学びが大学での学びを介してどのように就労をはじめとする社会的なアウトカムにつながっていくのかを検討しています。

グローバル部門

グローバル部門では,教育の国際化に関連した研究の推進,国内外の学校や研究機関との連携を通じて,学校教育のさらなる発展を促進するための研究および実践活動を行っています。また,若手研究者の国際発信力の向上を目指した活動も行ってきました。

若手研究者育成プロジェクト

若手研究者の支援を目的として,教育学研究科博士課程の大学院生を対象に年1回研究プロジェクトを募集し,多様な観点からの研究の実施を支援しています。これまでの募集テーマは以下のとおりです。

 平成24・25 年度 「社会に生きる学力形成をめざしたカリキュラム・イノベーション」
 平成26・27 年度 「グローバル時代の学校教育」
 平成28・29 年度 「多様性をはぐくむ教育」

研究成果は,教育学研究科と学術交流協定を結んでいるストックホルム大学教育学部との共催シンポジウムにて発表することもでき,これが若手研究者の海外での発表・交流の場となっています。



  • 若手研究者育成プロジェクト最終報告会
    (2017 年2 月ストックホルム大学にて)

「日本型21 世紀対応教育の国際モデル化に関する国際比較研究—多元的モデルの構築」
(科学研究費補助金基盤研究A, 研究代表:恒吉僚子)(平成27年度〜平成30 年度)

21 世紀型能力や資質とそれを育成する教育についての理解が,かつてないほどグローバルに共有され,各国の教育政策を左右してゆく中,国際的に参照される教育モデルは西欧型モデルが多いことが指摘できます。本研究は,各国の21 世紀対応教育を比較考察すると同時に,日本の学校教育の特色のある実践を収集・分析しながら,その成果を国際的に発信すると共に,アジアの経験を反映した国際モデルの多元化を推進しています。平成29 年度は,日本比較教育学会との共催でシンポジウム「教育モデルが国境を越える時代を俯瞰する ―比較教育学の原点にもどる―」(2017 年6 月24 日)を開催しました。国際学力調査や大学の世界ランキング等の影響を受け,ある国の教育モデルや実践が他の国で導入されることについて,フィンランド・シンガポール・日本を事例に議論を行い,国内外の多くの研究者・教育関係者と活発な意見交換をすることができました。

「『持続可能な開発のための教育(ESD)』のイノベーションに関する日本・スウェーデン比較研究」
(科研費挑戦的研究:萌芽17K18612,代表:北村友人)(平成29 年度〜平成31 年度)

近年,「持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development : ESD)」という新しい教育のアプローチが提唱され,国連教育科学文化機関(ユネスコ)を中心に世界各地で議論と実践が積み重ねられてきました。本研究プロジェクトは,ストックホルム大学と連携しながら,日本とスウェーデンの高等学校を対象とした「『持続可能な開発のための教育(ESD)』のイノベーションに関する日本・スウェーデン比較研究」に取り組んでいます。両国の高校では,環境,農業,テクノロジーなど,地域と世界をつなぐグローバルかつローカルな社会問題を対象とした課題研究が実践されています。本研究では,ESD 実践における①経済的側面,②社会文化的側面,③科学技術的側面に焦点を当て,ESD に効果的なカリキュラム内容や手法について検証を進めつつあります。

グローバル部門では他にも,オリンピック教育推進事業(国際交流基金による支援の下,コロラド大学との共同により日米の小学校同士の交流を通じた国際理解教育の支援)(平成29 年8 月〜平成31 年8月,日本側代表:恒吉僚子)や,アジアにおける「知識外交」と高等教育の国際化に関する実証的研究(科研費基盤(A)15H02623 代表:北村友人,平成27年度〜平成31 年度),「子どもの貧困と学習の社会的成果に関する理論的実証的研究」(科研費基盤(A)17H01023 代表:笹井宏益(玉川大学),(平成29 年度〜平成31 年度))も行っています。



  • センター主催セミナー(2017 年10 月)

スタッフ紹介

中村 高康(なかむら たかやす)センター長(教授)

中村 高康(なかむら たかやす)
センター長(教授)

現代の学校を取り巻く環境は複雑で,かつ大きく変化しつつあります。学校教育高度化・効果検証センターでは,こうした複雑性や環境の変化に対応すべく,教育実践や教育政策の高度化を推進するために日々様々な活動を行っています。その活動は,国際化推進のためのシンポジウムや若手研究者支援,学校の効果検証のための調査など多岐にわたりますが,これらの活動を通じて,教育改善に貢献していきたいと考えています。

高橋 史子(たかはし ふみこ)助教(社会学)

高橋 史子(たかはし ふみこ)
助教(社会学)

外国籍児童・生徒の教育,各自治体の「多文化共生」をスローガンとした取り組みの分析を通じて,多民族・多文化社会での学校教育の果たす役割,日本の多文化社会の特徴,ナショナリズムやエスニシティの捉え方を研究しています。統計によるマクロな分析と観察やインタビュー調査によるミクロな分析を用いて,さまざまな国籍,民族的・文化的背景を持つ子どもたちが日本で教育を受け就職をしていく過程で抱える多様な問題の理解を深めることを目指しています。

教育研究創発機構
Organization for Creating Educational Research

2004年度から,教育学研究科内に,学校臨床総合教育研究センターをひとつの中核センターとして,教育研究創発機構(以下,機構)が設立されました。ますます複雑化し,多様化する「教育の問題」を解明するためには,既存の学問分野にとらわれない教育研究が必要です。このような時代の要請に応えるために誕生したのが本機構です。したがって,機構は,従来の教育研究の枠組みにこだわることなく,新たな教育研究を誘発し創造することをめざした新しいタイプの組織といえます。

機構は,「学校教育高度化・効果検証センター(旧学校臨床総合教育研究センター)」に加え,2004年に発足した「先端発達研究センター」,2009年に発足した「バリアフリー教育開発研究センター」および2015年度に発足した「発達保育実践政策学センター」の4センターを中心に,さまざまな分野の研究をつなぎ,さらなる発展を促すためのインキュベーション(新規研究支援)ないしネットワーク構築のための活動を行っています。とくに大学院学生をはじめ,若手研究者に,「コースの壁」「既存の領域の壁」を越えた研究交流の場を提供することを機構の課題と考えています。次世代が担っていくべき新たな視点からの教育研究を創発することも,機構の役目です。

ページトップへ