メイン コンテンツにスキップ

バリアフリー教育開発研究センターは、文化や社会が歴史的にその構成員の一部に課してきた「バリア(障壁)」を可視化し、それを打ち破り、「学校も社会も多様な人間により構成されるのが本来の姿である」という市民社会の基礎概念の確立と普及を目指し、教育研究活動を行っています。


ご挨拶

バリアフリー教育開発研究センターの小国喜弘センター長と星加良司センター准教授による挨拶

ご挨拶を読む

メンバー

バリアフリー教育開発研究センターに所属するすべての教員・研究員の紹介

メンバーを読む

沿革・理念

バリアフリー教育開発研究センターの成り立ちと理念

沿革・理念を読む

教育学部セイファースペース(KYOSS)

KYOSSとは KYOSSは、多様なジェンダー/セクシュアリティ、障害、生きづらさに関して当事者性を持つ学生・院生・教職員相互の学び合いや協働を通じ、新たな教養教育を可能 …

教育学部セイファースペース(KYOSS)を読む
Menu.センターについて
ご挨拶
メンバー
沿革・理念
教育学部セイファースペース(KYOSS)