東京大学大学院滝沢龍 研究室

The University of Tokyo
Ryu Takizawa M.D., Ph.D.
Stress, Bio-marker &
Life-course Health Lab.

メンバー紹介

教員

滝沢 龍(たきざわ りゅう)

東京大学大学院・教育学研究科・准教授
The Royal Society & The British Academy.・Newton International Fellow Alumnus
東京大学・卓越研究員

医師(厚生労働省)・医学博士(東京大学)
精神保健指定医(厚生労働省)・精神科専門医(日本精神神経学会)・精神科専門医指導医(日本精神神経学会)・認定産業医(日本医師会)
公認心理師(文部科学省・厚生労働省)・臨床心理士(日本臨床心理士資格認定協会)

横浜にて生育。芝中学校・芝高等学校卒業。東京大学教育学部教育心理学を卒業後、学士編入学により群馬大学医学部医学科卒業、医師免許取得。東京大学医学部附属病院・精神神経科で研修、東京都立墨東病院・神経科・医員、東京大学医学部附属病院・精神神経科・助教として臨床・研究・教育に従事。東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻・博士課程修了、医学博士(東京大学)取得。東京大学医学部附属病院・精神神経科・助教、英国ロンドン大学精神医学・心理学・神経科学研究所(Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience, King's College London)社会遺伝発達精神医学センター(Social, genetic & developmental psychiatry centre)・Newton International Fellow(funded by The Royal Society & The British Academy)等を経て現職。

研究分野

臨床精神医学、臨床心理学、メンタルヘルス
生涯発達精神医学、健康・医療心理学、ストレス健康科学、
脳神経科学、認知行動科学、産業保健衛生、学校保健衛生、
予防医学、精神神経内分泌免疫学、心身医学、臨床疫学

受賞歴

平成20(2008)年09月 学術賞. 日本生物学的精神医学会
平成21(2009)年04月 国際学会発表奨励賞.日本生物学的精神医学会
平成23(2011)年11月 リサーチフェローシップ(2年助成) 上原記念生命科学財団
平成24(2012)年04月 Research Excellence Fellowship. The Institute of Psychiatry King's College London.
平成24(2012)年10月 Newton International Fellowship. The Royal Society & The British Academy.
平成27(2015)年01月 Newton International Fellowship alumnus. The Royal Society & The British Academy.
平成30(2018)年03月 Outstanding Recent Contribution Award. (The award for outstanding recent contributions to the science of National Child Development Study.) The Scientific Committee for the National Child Development Study. The British Medical Association. London. 9th March 2018.
平成30(2018)年11月 東京大学・卓越研究員. 東京大学

メッセージ

(1)「弱み」だけでなく「強み(Strength)」にも関心を持ち、(2)「病気や障害をもつ方を癒す」ことだけでなく、病気や障害があったとしても「生きる意味・意義(Meaning of Life / Purpose in Life)を見出して歩む」ことにも関わり、(3)「逆境や困難を減らす」方法を見出すと同時に、「逆境や困難を経験したとしても健康・Well-beingや良好なQOLを高める方法(Resilience)を科学的に検討する」ことに、意欲・関心・好奇心・熱意・意義・使命感・喜びを共有できる方と一緒に協力していきたいと思っています。
 <本物とは何か?>をかぎ分ける嗅覚を養うため、国際学会の参加、英語論文での成果公表を推奨し、国際的に活躍できる研究者・指導者を科学者-実践者モデル(Scientist - practitioner model)で育成したいと思います。
 すでに在籍生たちは、例えば、認知行動療法の修得であれば翻訳本にだけ頼らず、米国フィラデルフィアのBeck Instituteを実際に訪れ、創始者Aaron T. BeckやJudith S. Beckから直接指南を受けて研修を行っています。

修了証1 修了証2

 2019年のドイツ・ベルリンで開かれた「世界行動療法認知療法会議(WCBCT)」では、認知行動療法の技能を高めるために、世界的な実践家によるWorkshopに参加しています。


 他にも、国際学会での発表や英語論文の投稿を進めており、こうした国際的活動を応援していきます。ロンドン大学では「10回しか引用されない論文を10本書くなら、100回以上引用される論文を1本書くように」と指導されており、じっくりと腰を落ち着けて質の高い研究に取り組みます。
 このように、自身の興味や情熱に従って、それらを共有できる仲間たちと、現状より少し高めの目標を目指していきます。自身がワクワクする感覚をもちうるテーマの中から、人の役に立つと思えることを、<どうしたらできるのだろうか?>と問いつづける姿勢で、集中した努力をして改善点に挑戦していきます。今この時点でやりやすいことを手始めに、<自分のしていることは世の中を良くすることに少しでも役立つ>と思えるような課題に一緒に取り組んでもらえればと思います。

研究室在籍生(OB/OG含む)の学位論文タイトル

  • 西野悠太.「呼吸法の心身のリラクゼーション効果に関する多面的理解 —ランダム化比較試験を用いて—」修士学位論文
  • 井原祐子.「医師のストレス要因と援助要請 ―日本の若手勤務医への質的調査を通じた検討―」修士学位論文
  • 上田翠.「外在化問題行動に関する遺伝と環境の影響 ―双生児法を用いた検討―」修士学位論文
  • 大賀真伊.「The negative effects of cyber victimization on adolescent psychological health: The moderating role of social support, coping and self-compassion」修士学位論文

コース紀要・公表論文

  • 情報通信技術(ICT)を利用したメンタルヘルスケアの最新動向.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要. 44号, 2021. (in submission)
  • 対人関係が心身の健康に及ぼす影響に関するバイオマーカー研究の概観.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要. 44号, 2021. (in submission)
  • ワーク・ファミリー・コンフリクトがメンタルヘルスに与える影響 ―日本国内と海外の動向に着目して―.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要. 44号, 2021. (in submission)
  • 労働者のメンタルヘルスと生産性 ──preseteeism研究の概観──.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要. 43号, pp.78-84, 2020.(PDF)
  • 大学生を対象としたマインドフルネスに基づく心理教育プログラムの概観.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要. 43号, pp.85-92, 2020.(PDF)
  • 児童期・青年期の心理教育の現状と今後の課題.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要. 43号, pp.93-100, 2020.(PDF)
  • バイオフィードバックによる心理的指標への影響の概観と展望.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要. 43号, pp.101-108, 2020.(PDF)
  • 周産期支援についての現状と課題──児童虐待防止の観点から──.東京大学大学院教育・学研究科臨床心理学コース紀要. 43号, pp.109-116, 2020.(PDF)
  • 親密な関係性と個人のwell-beingの関係の検討.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要. 43号, pp.117-124, 2020.(PDF)
  • 国内における心の健康に関する予防教育的介入プログラムの取り組みと海外との比較. 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要. 42号, pp.97-105, 2019.(PDF
  • 医師の心身の健康対策と効果――欧米での取り組みを中心に――、東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要、41号、pp.113-120、2018.(PDF)
PAGE TOP