東京大学大学院滝沢龍 研究室

The University of Tokyo
Ryu Takizawa M.D., Ph.D.
Stress, Bio-marker &
Life-course Health Lab.

業績・社会活動:
論文・著書・講演など

主な英文原著論文

    (1)こころの健康を<育む>に関する主な英文原著論文

  • Takizawa R, Maughan B, Arseneault L. Adult health outcomes of childhood bullying victimization: Evidence from a 5-decade longitudinal British cohort. American Journal of Psychiatry 2014; 171: 777-784.
    Altmetrics: https://psychiatryonline.altmetric.com/details/2288933
    (子ども期のいじめ被害は、児童・思春期や成人早期までだけでなく、さらに長期に中年期に至るまで抑うつ・不安などの精神疾患発症リスクが生涯残ること、心身の健康・対人関係・人生満足度・QOL/Well-beingへの影響も50歳に至るまで残ることを、英国King's College Londonとの英国大規模コホートを用いた共同研究で初めて明らかにしました。
    https://www.kcl.ac.uk/archive/news/ioppn/records/2014/april/impact-of-childhood-bullying-still-evident-after-40-years
  • Evans-Lacko S, Takizawa R, Brimblecombe N, King D, Maughan B, Knapp M, Arseneault L. Childhood bullying victimisation is associated with use of mental health services over 5 decades: A Longitudinal nationally-representative cohort study. Psychological Medicine. 2017; 47: 127-135.
    Altmetrics: https://cambridge.altmetric.com/details/12260756
    (子ども期にいじめ被害を受けた方々は、受けてない方々に比べて、その後の人生(思春期・成人早期・中年期)を通じて、常にメンタルヘルスサービスの利用が多いことを、英国King's College LondonとLondon School of Economicsとの共同研究で初めて明らかにしました。
    http://www.lse.ac.uk/News/Latest-news-from-LSE/2016/10-October-2016/Childhood-bullying-places-long-term-strain-on-UK-mental-health-services)
  • Brimblecombe N, Evans-Lacko S, Knapp M, King D, Takizawa R, Maughan B, Arseneault L. Long term economic impact associated with childhood bullying victimization. Social Science and Medicine. 2018; 208: 134-141.
    (英国King's College LondonとLondon School of Economicsとの英国大規模コホートを用いた共同研究で、子ども期のいじめ被害による50代までの社会的コスト[雇用・ヘルスサービス費用・貯蓄資産など]への影響が甚大であることを初めて明らかにし、学校での予防教育プログラムの費用の方が安価であることを示しました。)
  • Baldwin JR, Arseneault L, Caspi A, Moffitt TE, Fisher HL, Odgers CL, Ambler A, Houts RM, Matthews T, Ougrin TD, Richmond-Rakerd LS, Takizawa R, Danese A. Adolescent victimization and self-injurious thoughts and behaviors: A genetically sensitive cohort study. Journal of the American Academy of Child and Adolescent Psychiatry. 2018; 58(5): 506–513.
    (米国Duke Universityと英国King's College Londonとの共同研究で英国の大規模な双生児コホート( the Environmental-Risk (E-Risk) Longitudinal Twin Study)を用いて、さまざまな遺伝的素因を統制しても、なお純粋に環境的要因として思春期までの逆境体験が自傷・自殺の思考と行動へ影響を与えていることを、双生児法を用いた厳格な統計的検討で初めて明らかにしました。)
  • (2)こころの健康を<見える化>に関する主な英文原著論文

  • Takizawa R, Danese A, Maughan B, Arseneault L. Bullying victimization in childhood predicts inflammation and obesity at mid-life: a five-decade birth cohort study. Psychological Medicine 2015 Oct;45(13):2705-15.
    Altmetrics: https://cambridge.altmetric.com/details/4012722
    (英国King's College Londonとの英国大規模コホートを用いた共同研究で、子ども期のいじめ被害が、その他の関連要因を統制した上でも、45歳時の身体測定や血液検査の項目に影響を与えているかを検討し、30年以上隔ててもなお肥満傾向(BMI / Waist-hip-ratio)と炎症指標(CRP / Fibrinogen))への「隠された傷跡(hidden wounds)」としての慢性的な影響を、初めて目に見える生物学的指標で明らかにしました。
    https://www.kcl.ac.uk/archive/news/ioppn/records/2015/may/victims-of-childhood-bullying-at-higher-risk-of-cardiovascular-disease-in-later-life
  • Takizawa R*, Fukuda M*, et al. Neuroimaging-aided differential diagnosis of the depressive state. Neuroimage 2014; 85: 498-507.
    (抑うつ症状のあるうつ病・双極性障害・統合失調症の臨床診断と前頭葉の血流を反映するNIRS信号パターンが約7~8割で一致することを示し、鑑別診断の補助として役立つ可能性を初めて明らかにしました。2014年より光トポグラフィ―検査(NIRS)による「抑うつ状態の鑑別診断補助に使用」の保険収載につながり、臨床現場で使用可能になりました。
    https://www.ncnp.go.jp/press/press_release130617.html
  • Takizawa R, et al. Anxiety and Performance: The disparate roles of prefrontal sub-regions under maintained psychological stress. Cerebral Cortex 2014; 24 (7): 1858-1866.
    (心理的ストレス課題の成績と不安に対する処理において、前頭葉の機能区分によって異なる役割分担が存在する可能性を示唆した初めての報告です。
    https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/utokyo-research/research-news/brain-regions-active-in-anxiety-and-performance-determined/index.html
  • (3)こころの健康を<守る>に関する主な英文原著論文

  • Jaffee SR, Takizawa R, Arseneault L. Buffering effects of safe, supportive, and nurturing relationships among women with childhood histories of maltreatment. Psychological Medicine 2017; 47(15), 2628-2639.
    Altmetrics: https://cambridge.altmetric.com/details/23899159
    (子ども期に虐待を受けた女性において、安全で支持的な温かい人間関係が、成人期の心身の健康や健康行動への悪影響を緩和する要因の一つであることを、米国University of Pennsylvaniaと英国King's College Londonとの共同研究で英国大規模な双生児コホート( the Environmental-Risk (E-Risk) Longitudinal Twin Study)のデータを用いて初めて明らかにしました)
  • Ishii-Takahashi A, Takizawa R, et al. Neuroimaging-aided prediction of the effect of methylphenidate in children with attention deficit hyperactivity disorder—a randomized controlled trial. Neuropsychopharmacology. 2015; 40(12): 2676-85.
    (ADHDのある子どもたちに薬物療法の効果予測として、前頭葉の血流を反映するNIRS信号が用いることができる可能性について、ランダム化比較試験を用いて初めて明らかにしました。)
  • Sakakibara E*, Takizawa R*, et al. Genetic influences on frontal activation during a verbal fluency task: A twin study based on multichannel near-infrared spectroscopy. Neuroimage. 2014; 85: 508-17.
    (双生児法を用いて、前頭葉NIRS信号の賦活反応性は、遺伝要因と環境要因の双方の影響から成り立っており、介入によって可変性のある指標として用いることができる可能性を初めて明らかにしました。)
  • Takizawa R, et al. Reduced frontopolar activation during verbal fluency task in schizophrenia: a multi-channel near-infrared spectroscopy study. Schizophr Res. 99(1-3): 250-62, 2008
    (認知機能課題施行時の前頭葉、特に前頭極におけるNIRS信号が、統合失調症における生活機能障害を反映しており、それを生物学的指標とした重症度・予後評価の可能性について初めて明らかにしました。)
  • The Effectiveness of Preventative Group Cognitive-Behavioral Interventions on Enhancing Work Performance-related Factors and Mental Health of Workers: A Systematic Review. Current Psychology. 2021 (in press)
  • Work-related stressors among hospital physicians: A qualitative interview study in the Tokyo metropolitan area. BMJ Open 2020; 10 : e034848.
  • Cyber-Bullying Victimization and Adolescent Mental Health: The Differential Moderating Effects of Intrapersonal and Interpersonal Emotional Competence. Journal of Adolescence. 2020; 80,: 182-191.
  • Psychosocial Twin Cohort Studies in Japan: The Keio Twin Research Center (KoTReC). Twin Research and Human Genetics. 2020; 1-6.
  • Altered expression of microRNA-223 in the plasma of patients with first-episode schizophrenia and its possible relation to neuronal migration-related genes. Translational Psychiatry. 2019; 9: 1-11.
  • Family accommodation and empathic responses to persons with obsessive-compulsive symptoms: the moderating effect of consideration of future consequences. Journal of Obsessive-Compulsive and Related Disorders. 2019; 21: 138-143.
  • Severity-dependent and -independent brain regions of major depressive disorder: a long-term longitudinal near-infrared spectroscopy study. Journal of Affective Disorders. 2019; 243: 249-254.
  • Adolescent victimization and self-injurious thoughts and behaviors: A genetically sensitive cohort study. Journal of the American Academy of Child and Adolescent Psychiatry. 2019; 58 (5): 506-513.
  • Increased sensitivity to sad faces in depressive symptomatology: A longitudinal study. Journal of Affective Disorders. 2018; 240: 99-104.
  • Long term economic impact associated with childhood bullying victimization. Social Science and Medicine. 2018; 208: 134-141.
  • Genetic influences on prefrontal activation during a verbal fluency task in children: A twin study using near-infrared spectroscopy. Brain and Behavior. 2018; 8(6): e00980.
  • An application of functional near infrared spectroscopy as supplementary diagnosis system to clinical stages of psychosis spectrum. Psychiatry Clin Neurosci. 2017; 71(12), 794-806.
  • Buffering effects of safe, supportive, and nurturing relationships among women with childhood histories of maltreatment. Psychological Medicine 2017; 47(15), 2628-2639.
  • Familial Influences on Mismatch Negativity and Its Association with Plasma Glutamate Level: A Magnetoencephalographic Study in Twins. Mol Neuropsychiatry 2016; 2: 161-172.
  • Detection of resting state functional connectivity using partial correlation analysis: A study using multi-distance and whole-head probe near-infrared spectroscopy. Neuroimage 2016; 142: 590-601.
  • The development of a neurofeedback protocol targeting the frontal pole using near-infrared spectroscopy. Psychiatry Clin Neurosci 2016; 70(11): 507-516.
  • Childhood bullying victimisation is associated with use of mental health services over 5 decades: A Longitudinal nationally-representative cohort study. Psychological Medicine. 2017. 47, 127-135.
  • Association between impaired brain activity and volume at the sub-region of Broca's area in ultra-high risk and first-episode schizophrenia: a multi-modal neuroimaging study. Schizophr Res. 2016; 172(1-3): 9-15.
  • Association between rostral prefrontal cortical activity and functional outcome in first-episode psychosis: a longitudinal functional near-infrared spectroscopy study. Schizophr Res. 2016; 170(2-3): 304-10.
  • Effect of metabotropic glutamate receptor-3 variants on prefrontal brain activity in schizophrenia: An imaging genetics study using multi-channel near-infrared spectroscopy. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 2015; 62: 14-21.
  • Bullying victimization in childhood predicts inflammation and obesity at mid-life: a five-decade birth cohort study. Psychol Med. 2015; 45(13): 2705-15.
  • Neuroimaging-aided prediction of the effect of methylphenidate in children with attention deficit hyperactivity disorder—a randomized controlled trial. Neuropsychopharmacology. 2015; 40(12): 2676-85.
  • A concurrent fNIRS-fMRI measurement for validation of a separation method between deep and shallow fNIRS signals with multi-distance optodes. Neurophotonics. 2015; 2(1): 015003.
  • Characterizing prefrontal cortical activity during inhibition task in methamphetamine-associated psychosis versus schizophrenia: A multi-channel near-infrared spectroscopy study. Addict Biol. 2016; 21(2):489-503.
  • Using social epidemiology and neuroscience to explore the relationship between job stress and frontotemporal cortex activity among workers.  Soc Neurosci. 2015; 10(3): 230-42.
  • Psychological Symptom and Social Functioning Subscales of the Modified Global Assessment of Functioning Scale: Reliability and Validity of the Japanese Version. Psychiatry Clin Neurosci. 2015; 69(2): 126-7.
  • Similar age-related decline in cortical activity over frontotemporal regions in schizophrenia: a Multi-Channel Near-Infrared Spectroscopy Study. Schizophr Bull. 2015; 41(1): 268-79.
  • Adult health outcomes of childhood bullying victimization: Evidence from a 5-decade longitudinal British cohort. Am J Psychiatry 2014; 171: 777-784.
  • Prefrontal activation during inhibitory control measured by near-infrared spectroscopy for differentiating between autism spectrum disorders and attention deficit hyperactivity disorder in adults. Neuroimage Clin. 2013; 4: 53-63.
  • Potential biomarker of subjective quality of life: prefrontal activation measurement by near-infrared spectroscopy. Soc Neurosci. 2014; 9(1): 63-73.
  • Near-infrared spectroscopy in schizophrenia: A possible biomarker for predicting clinical outcome and treatment response. Front Psychiatry. 2013; 4: 145.
  • Distinct effects of duration of untreated psychosis on brain cortical activities in different treatment phases of schizophrenia: A multi-channel near-infrared spectroscopy study. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 2014; 49: 63-9.
  • Differential spatiotemporal characteristics of the prefrontal hemodynamic response and their association with functional impairment in schizophrenia and major depression. Schizophr Res 2013; 150(2-3): 459-67.
  • Decreased prefrontal hemodynamic response during a verbal fluency task associated with EGR3 gene polymorphism in both patients with schizophrenia and healthy individuals. Neuroimage. 2014; 85: 527-34.
  • A NIRS-fMRI investigation of prefrontal cortex activity during a working memory task. NeuroImage 2013; 83: 158-73.
  • Neuroimaging-aided differential diagnosis of the depressive state. Neuroimage. 2014; 85: 498-507.
  • Reduced but broader prefrontal activity in patients with schizophrenia during n-back working memory tasks: a multi-channel near-infrared spectroscopy study. Journal of Psychiatric Research, 2013; 47(9): 1240-6.
  • Functional abnormalities in the left ventrolateral prefrontal cortex during a semantic fluency task, and their association with thought disorder in patients with schizophrenia. Neuroimage. 2014; 85: 518-26.
  • Genetic influences on frontal activation during a verbal fluency task: A twin study based on multichannel near-infrared spectroscopy. Neuroimage. 2014; 85: 508-17.
  • Anxiety and Performance: The disparate roles of prefrontal sub-regions under maintained psychological stress. Cereb. Cortex (2014) 24 (7): 1858-1866.
  • A multimodal approach to investigate biomarkers for psychosis in a clinical setting: The Integrative Neuroimaging studies in Schizophrenia Targeting for Early Intervention and Prevention (IN-STEP) project. Schizophr Res. 2013; 143(1): 116-24.
  • Comprehensive DNA methylation analysis of peripheral blood cells derived from patients with first-episode schizophrenia. Journal of Human Genetics. 2013; 58(2): 91-7.
  • Phonological fluency is uniquely impaired in Japanese-speaking schizophrenia patients: Confirmation study. Psychiatry Clin Neurosci. 2011; 65(7): 672-5.
  • Developmental Changes of Prefrontal Activation in Humans: A Near-Infrared Spectroscopy Study of Preschool Children and Adults. PLoS One. 2011; 6(10): e25944.
  • Idiopathic carbonyl stress in a drug-naive case of at risk mental state. Psychiatry Clin Neurosci. 2011; 65(6): 606-7.
  • Different hemodynamic response patterns in the prefrontal cortical sub-regions according to the clinical stages of psychosis. Schizophr Res. 2011; 132(1): 54-61.
  • Association between severe dorsolateral prefrontal dysfunction during random number generation and earlier onset in schizophrenia. Clin Neurophysiol. 2011; 122(8): 1533-40.
  • Prefrontal cortex activity during response inhibition associated with excitement symptoms in schizophrenia. Brain Res. 2011; 1370: 194-203.
  • Association between Catechol-O-Methyltrasferase Val108/158Met Genotype and Prefrontal Hemodynamic Response in Schizophrenia. PLoS ONE. 4(5): e5495, 2009.
  • Association between sigma-1 receptor gene polymorphism and prefrontal hemodynamic response induced by cognitive activation in schizophrenia. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 33(3): 491-498, 2009.
  • Gender difference in right lateral prefrontal hemodynamic response while viewing fearful faces: A multi-channel near-infrared spectroscopy study. Neurosci Res. 63(2): 89-94, 2009.
  • Reduced frontopolar activation during verbal fluency task in schizophrenia: a multi-channel near-infrared spectroscopy study. Schizophr Res. 99(1-3): 250-62, 2008
  • Multiple-time replicability of near-infrared spectroscopy recording during prefrotal activation task in healthy men. Neurosci Res. 57: 504-512, 2007.
  • Decreased prefrontal activation during letter fluency task in adults with pervasive developmental disorder: a near-infrared spectroscopy study. Behav Brain Res. 172: 272-277, 2006.
  • Coping Measurement and the State Effect of Depression and Anxiety in Psychiatric Outpatients. Psychopathology. 35: 48-51, 2002.
  • [Under Construction]

主な邦文原著論文

  • 病院勤務医のメンタルヘルスに関する援助要請の障壁. 産業精神保健. 28(4), 2020 (in press).
  • いじめ体験の長期的な影響を科学する. こころの元気+. 14(8): 16-18, 2020.
  • 労働者のメンタルヘルスと生産性 ──preseteeism研究の概観──.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要、43 : 78-84, 2020.
  • 大学生を対象としたマインドフルネスに基づく心理教育プログラムの概観.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要、43: 85-92, 2020.
  • 児童期・青年期の心理教育の現状と今後の課題.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要、43: 93-100, 2020.
  • バイオフィードバックによる心理的指標への影響の概観と展望.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要、43: 101-108, 2020.
  • 周産期支援についての現状と課題──児童虐待防止の観点から──.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要、43: 109-116, 2020.
  • 親密な関係性と個人のwell-beingの関係の検討.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要、43: 117-124, 2020.
  • 国内における心の健康に関する予防教育的介入プログラムの取り組みと海外との比較. 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要、42: 97-105, 2019.
  • いじめ問題の生涯にわたる長期的な影響——ストレスの生物・心理・社会的に「隠された傷跡」—— 心と社会 171: 88-94, 2018.
  • 中高生におけるインターネット上のいじめ被害と加害の関連性:大規模横断調査による検討 臨床心理学 18(4), 486-491, 2018.
  • 医師の心身の健康対策と効果——欧米での取り組みを中心に——、東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要、41, 113-120, 2018.
  • NIRSを用いたうつ病研究. 日本生物学的精神医学会誌. 28 (4): 185-189, 2017.
  • Health Researchのための研究デザインを学ぶ —英国精神医学研究所・Caspi, Moffitt & Arseneault研究室にて- 臨床精神医学 44(1):131-134, 2015.
  • 統合失調症に対するニューロフィードバックの現状と展望.分子精神医学 14(3): 171-179, 2014.
  • うつ症状の鑑別診断補助としての光トポグラフィー検査の有用性.精神科. 2014; 25(3), 250-256.
  • NIRSにより測定される脳血流変化は何を反映しているのか -trait、stateの観点から-.精神科. 2014;25(3), 290-293.
  • うつ病の診断補助ツールとしてのNIRS. 特集:うつ病を「客観的に」診断するとは?-どこからが病気か-. 精神科. 2013; 22(3), 250-258.
  • 発症リスクの高い状態患者における不適正な血液動態学的反応. 日本生物学的精神医学会誌. 2012; 23(1): 61-69.
  • 寛解.In: 脳科学辞典 http://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E5%AF%9B%E8%A7%A3, 2012.  DOI:10.14931/bsd.1830
  • うつ症状の診断・評価に資する補助検査法としてのNIRS検査アルゴリズムの開発. 臨床薬理の進歩. 2012; 33:167-177.
  • ヒト前頭前野の発達と進化.日本生物学的精神医学会誌2012; 23(1): 41-46.
  • うつ状態と光トポグラフィー(NIRS).治療.2011; 93(12): 2437-2442.
  • 気分障害の診断・治療と近赤外線スペクトロスコピー(NIRS)-東大病院「こころの検査プログラム」の紹介― <特集:内科医のためのうつ病診療> 」Medical Practice. 2011; 28(10):1822-1826.
  • 精神疾患の脳機能を測る BRAIN MEDICAL 2011; 23(3): 255-262.
  • 気分障害の脳画像研究と先進医療NIRSの紹介 -光トポグラフィー検査「うつ症状の鑑別診断補助」.精神医学. 2011;53(4):383-392.
  • 脳科学研究からみてきた統合失調症の病態および治療と予防の展開.精神医学、53(12): 1195-1200.2011.
  • 気分障害の脳画像研究と先進医療NIRSの紹介 -光トポグラフィー検査「うつ症状の鑑別診断補助」- 精神医学 53(4): 383-392, 2011.
  • 統合失調症のNIRS研究と臨床応用.精神科16(5): 448-456, 2010.
  • 自分自身を変えるこころと脳 -人間の精神機能と自己制御性-.こころの科学 150号.特別企画「こころと脳の科学」100-106、2010.
  • 研究計画を立てる.臨床精神医学 増刊号38: 55-67, 2009.
  • 統合失調症の神経生理学的研究 ―NIRSを用いた検討―.脳と精神の医学20(4): 319-329, 2009.
  • 精神疾患の臨床検査としての近赤外線スペクトロスコピィNIRSの実用化-先進医療『光トポグラフィー検査』-.医学のあゆみ. 231(10): 1045-1053, 2009.
  • 精神療法・心理社会療法の脳基盤-言語による脳機能の自己制御.精神科治療学 24増刊号『精神療法・心理社会療法ガイドライン』: 20-23, 2009.
  • NIRSでみる精神疾患の前頭葉機能.神経内科 71(3):286-294, 2009.
  • 気分障害のNIRS研究と臨床への応用. 臨床精神医学 38(4): 429-436, 2009.
  • 統合失調症の神経画像研究.精神医学 51(2): 177-184, 2009.
  • 統合失調症における前頭極と機能障害との関連 -多チャンネル近赤外線スペクトロスコピー(NIRS)研究-.第16回日本生物学的精神医学会学術賞 Mini Review. 脳と精神の医学 19(4): 219-227, 2008.
  • 統合失調症の前頭葉機能障害 - 光脳機能イメージングの臨床応用.認知神経科学雑誌、10(1): 15-18, 2008.
  • ニューロイメジング 分子精神医学、7(4): 2007.
  • 統合失調症 臨床研修プラクティス、2(11):17-22、2005.
  • レビー小体型痴呆に伴うBPSDにquetiapineが奏効した一例.精神医学 47: 543-546, 2005.
  • [Under Construction]

主な著書・訳書

  • 公認心理師カリキュラム準拠 臨床統計学 [心理学統計法・心理学研究法].医歯薬出版(2021)
  • 第12章 精神生理学的研究法. In.「公認心理師の基礎と実践 第4巻 心理学研究法」東京:遠見書房.p.156-168, 2018.
  • 精神疾患・メンタルヘルスガイドブック Understanding Mental Disorders Your Guide to DSM-5.医学書院(2016)
    http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=90868
  • その他の向精神薬.気分安定薬・抗認知症薬・精神刺激薬. In.「公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法」東京:医学書院. p.134-135, 2016.
  • 抗精神病薬. In.「公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法」東京:医学書院. P.132-133, 2016.
  • 抗不安薬・睡眠薬. In.「公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法」東京:医学書院. P.130-132, 2016.
  • 抗うつ薬. In.「公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法」東京:医学書院. P.128-130, 2016.
  • 抑うつ障害群 うつ病. In.「公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法」東京:医学書院. P.65-68, 2016.
  • 公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法.医学書院(2016)
    http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=90706
  • エピゲノム研究 In:思春期学-ヒトが人間に変わるとき.東京:東京大学出版会.pp.211-215, 2015.
  • 英国の双生児出生コホート研究 — 「生涯発達の時間軸」と「遺伝・環境の相互作用」 In:思春期学-ヒトが人間に変わるとき.東京:東京大学出版会.pp.96-100, 2015.
  • 生活機能評価 (Global assessment of functioning:GAF).In:臨床評価で読み解くこころ.東京:中山書店.pp.217-219, 2015.
  • 第5章 脳機能画像(NIRS)4)個別症例における有用性と限界.In: 精神疾患の脳画像ケースカンファレンス-診断と治療へのアプローチ.東京:中山書店.p96-104, 2014.
  • DSM-5.In: 心理学辞典.東京:誠信書房.pp.404-407, 2014.
  • 薬物療法.In: 心理学辞典.東京:誠信書房.pp.392-394, 2014.
  • 精神医学.In: 心理学辞典.東京:誠信書房.pp.401-403, 2014.
  • 精神疾患の臨床検査としての光トポグラフィー検査(NIRS)- 先進医療『うつ症状の鑑別診断補助』- In: TEXT精神医学(第4版)、南山堂、東京、 p.48-49, 2013.
  • 光トポグラフィー(NIRS)検査の臨床応用.In: 精神医学キーワード事典、中山書店、東京、P546-548,2011.
  • 精神科医を志す君へのメッセージ. In: 精神科研修医ノート.診断と治療社、東京、p2-4, 2011.
  • 気分障害の診断・治療に近赤外線スペクトロスコピィは有力か? In: EBM 精神疾患の治療2011-2012,中外医学社,東京,p.114-121, 2012.
  • Ⅰ.人間の前頭葉の構造と機能ー臨床を理解するための基礎知識.7.前頭極FPの構造と機能. In: 専門医のための精神科臨床リュミエール(第21巻 前頭葉でわかる精神疾患の臨床)、中山書店、東京、p77-90, 2010.
  • Ⅲ.精神疾患への応用.1.統合失調症・自閉症の前頭葉機能障害とNIRSの臨床応用.In:精神疾患とNIRS、中山書店、東京、p92-102, 2009.
  • Ⅱ.精神医学におけるNIRS.4.NIRSデータの再現性.In: 精神疾患とNIRS、中山書店、東京、p.79-89, 2009.
  • Ⅴ.NIRS検査の実用化.2.多数データ・個別データの解析.In: 精神疾患とNIRS、中山書店、東京、p.232-247, 2009.
  • Ⅰ.検査の実際とデータの意義 4.NIRS In: 専門医のための精神科臨床リュミエール(5巻 精神疾患と脳画像)、中山書店、東京、p.45-55, 2008.
  • Ⅰ.脳画像検査の実際 A.検査機器・システム 7.NIRS In: 精神疾患の脳画像解析・診断学、南山堂、東京、p.61-70, 2008.
  • 第14章 薬物療法 In: シリーズ・テキスト臨床心理学・別巻 理解のための手引き、誠信書房、東京、2008.
  • 精神障害のNIRS In: TEXT精神医学(第3版)、南山堂、東京、2007.
  • 統合失調症 In: シリーズ・テキスト臨床心理学4 精神病と物質関連障害(原著:Abnormal Psychology)、pp.83-142、誠信書房、東京、2006
  • [Under Construction]

主な国際講演・学会発表

  • The impact of adverse childhood experiences on building resilience in young adulthood: the role of perceived social support by gender in Japan. 20th WPA World Congress of Psychiatry, Virtual Congress. March 2021.(ePoster Presentation)
  • The effect of adverse childhood experiences on steroid hormones by hair sampling in young adulthood. 20th WPA World Congress of Psychiatry, Virtual Congress. March 2021.(ePoster Presentation)
  • Moderation effect of cognitive flexibility on the relationship between psychological distress and loss of work performance due to presenteeism among Japanese workers. 20th WPA World Congress of Psychiatry, Virtual Congress. March 2021.(ePoster Presentation)
  • Differential Pathways to Burnout and Work Engagement among Japanese Teachers. 8th International Conference on Education and Psychological Sciences. Fukuoka, Japan. January 2021. (Poster Presentation)
  • Evaluation of group cognitive-behavioural therapy based resilience skill program for non-clinical working population: a pilot randomized controlled trial in Japan,British Association for Behavioural and Cognitive Psychotherapies,48th Annual Conference and Workshops,Cardiff, UK. July 2020.(Oral presentation)
  • Association between hair steroid hormones and stress-related psychological measures,British Association for Behavioural and Cognitive Psychotherapies,48th Annual Conference and Workshops,Cardiff, UK. July 2020.(Poster Presentation)
  • Can workplace cognitive-behavioral group intervention for preventing mental health issues improve work functioning? A systematic review. 9th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies, Berlin, July 2019 (Poster presentation)
  • Occupational stressors and barriers to help-seeking for mental health in Japanese young hospital doctors: an exploratory study. 13th conference of the European Academy of Occupational Health Psychology、Lisbon、5th September 2018 (Poster presentation)
  • A Qualitative Study on Japanese Young Physician's Stressors and the Obstacles to Help-Seeking about Mental Health. The 20th International Conference on Physician and Patient Health、London、14th May 2018 (Poster presentation)
  • Childhood bullying victimization is associated with use of mental health services over 5 decades: A longitudinal nationally-representative cohort study. Life History Research Society Meeting, Amsterdam, May 26, 2016. (Symposium 3a. Long-term outcomes of childhood mental health problems and exposure to adversity) (Symposium)
  • Childhood bullying victimization predicts adult risk factors for age-related disease in a 5-decade longitudinal British cohort. SRCD Binnial Meeitng Philadelphia, Pennsylvania, USA, March 19th-21st, 2015. (Paper Symposium: Effects of Adverse Childhood Experiences on Adult Cognition, Health Biomarkers and Health Risk Behaviors) (Symposium)
  • Correlation of fronto-temporal cortical activity with severity and future prognosis in Major Depressive Disorder: A longitudinal functional near-infrared spectroscopy study. The World Psychiatric Association International Congress. 20th November 2015, Taipei, Taiwan. (Poster presentation)
  • Detection of Resting State Functional Connectivity Between Homologous Brain Regions: A Study with Multi-Distance Probe and Whole-Head Near-Infrared Spectroscopy. The World Psychiatric Association International Congress 20th November 2015, Taipei, Taiwan. (Poster presentation)
  • Adult Health Outcomes of Childhood Bullying Victimization. The All Party Parliamentary Group (APPG) on Bullying AGM and meeting. The Wilson Room, The Portcullis house, The Parliament. Westminster London, 8th, Jul 2014. (Invited Lecture)
  • The adult consequences of being bullied in childhood: Results from a 50-year prospective epidemiolocial study. Life History Research Society Meeting, Pittsburgh, USA, May 7th-10th, 2014. (Symposium)
  • Childhood bullying victimization predicts adult risk factors for age-related disease in a 5-decade longitudinal British cohort. Life History Research Society Meeting, Pittsburgh, USA, May 7th-10th, 2014. (Symposium)
  • NIRS research associated with mood disorders. 2nd BESETO International Psychiatry Conference, Beijing, China, 3 August, 2013. (Symposium)
  • Potential biomarker of subjective quality of life: prefrontal activation measurement by near-infrared spectroscopy. 2nd BESETO International Psychiatry Conference, Beijing, China, 3 August, 2013. (Poster presentation)
  • Effects of duration of untreated psychosis on brain function during letter fluency task in first-episode and chronic schizophrenia: A near-infrared spectroscopy study. 11th World Congress of Biological Psychiatry, Kyoto, Japan, 27 June, 2013. (Poster presentation)
  • Duration of Untreated Psychosis and Brain Activation During Letter Fluency Task in Schizophrenia: A Multi-Channel Near-Infrared Spectroscopy Study. Society of Biological Psychiatry, 68th Annual Scientific Meeting, San Francisco, USA, 18 May, 2013. (Poster presentation)
  • The association between subjective quality of life and prefrontal hemodynamic response: A multi-channel near-infrared spectroscopy (NIRS) study. The 8th International Conference on Early Psychosis, San Francisco, 10/2012. (Poster presentation)
  • Activations in the prefrontal cortex predict functional outcome in ultra-high risk and fi rst-episode psychosis. The 8th International Conference on Early Psychosis, San Francisco, 10/2012. (Poster presentation)
  • Effect of BDNF Gene Polymorphism on Cerebral Blood Flow in Cognitive Task; A NIRS Study. Society of Biological Psychiatry, 67th Annual Scientific Convention & Program. Philadelphia, PA, USA, May 5, 2012. (Poster presentation)
  • Longitudinal hemodynamic changes and prediction of functional outcome in at-risk mental state and first-episode psychosis. Third Schizophrenia International Research Society Conference, Florence, Italy, 4/2012. (Poster presentation)
  • Fronto-temporal hemodynamic response as an aid to guide differential diagnosis in psychiatry: a multi-center fNIRS study. 10th World Congress of Biological Psychitary, Prague, Czech Republic, 1 June 2011. (Poster presentation)
  • Fronto-temporal hemodynamic response as an aid to guide differential diagnosis: a multi-site fNIRS study. Society of Biological Psychiatry, 66th Annual Scientific Convention & Program, San Francisco, USA, May 13, 2011. (Poster presentation)
  • Near-infrared spectroscopy (NIRS) in psychiatric disorders. Symposium: Physiological abnormalities in psychiatric diseases. 29th International Congress of Clinical Neurophysiology. (ICCN 2010), Kobe Japan, October 29, 2010. (Symposium)
  • NIRS application to psychiatric diagnosis and clinical evaluation. Symposium: NIRS application in clinical psychiatry. 29th International Congress of Clinical Neurophysiology. (ICCN 2010), Kobe, Japan, November 1, 2010. (Symposium)
  • Prefrontal Subregional Hemodyanamic Response and the correlation with Symptoms and Functioning in Major Depression: A Multi-Channel NIRS Study. Society of Biological Psychiatry, 65th Annual Scientific Convention & Meeting, New Orleans, USA, May 21, 2010. (Poster presentation)
  • Association between Severer Dorsolateral Prefrontal Dysfunction During Random Number Generation and Earlier Onset in Schizophrenia. Society of Biological Psychiatry, 65th Annual Scientific Convention & Meeting, New Orleans, USA, May 22, 2010. (Poster presentation)
  • Longer Duration of Untreated Psychosis is Associated with Severer Dorsolateral Prefrontal Hemodynamic Abnormalities in Schizophrenia; A Functional NIRS study. Society of Biological Psychiatry, 65th Annual Scientific Convention & Meeting, New Orleans, USA, May 22, 2010. (Poster presentation)
  • Predicting the effect of Methylphenidate Hydrochloride in Children with ADHD Using Multi-Channel NIRS. Society of Biological Psychiatry, 65th Annual Scientific Convention & Meeting, New Orleans, USA, May 20, 2010. (Poster presentation)
  • Clinical NIRS application to psychiatric diagnosis and evaluation. Symposium: Near-infrared spectroscopy (NIRS) in psychiatry: Current status and future prospect. 9th World Congress of Biological Psychiatry, Paris, France, June 28, 2009. (Symposium)
  • Cerebral hemodynamic changes in response to frontal lobe task in adults with attention-deficit hyperactivity disorder and pervasive developmental disorder measured by near-infrared spectroscopy. AACAP, Hawaii, USA, 2009. (Poster presentation)
  • Cerebral hemodynamic changes in response to stop signal task in children with attention-deficit hyperactivity disorder measured by near-infrared spectroscopy. Neuroscience Nagoya Japan 2009 (Poster presentation)
  • Effect of BDNF (val66met) genetic variation on prefrontal hemodynamic response in human. Neuroscience Nagoya Japan 2009. (Poster presentation)
  • Prefrontal Subregional Hemodyanamic Response and the correlation with Symptoms and Functioning in Major Depression: A Multi-Channel NIRS Study. Society of Biological Psychiatry, 64th Annual Scientific Convention & Meeting, Vancouver, Canada, May 16, 2009. (Poster presentation)
  • Prefrontal Abnormalities During Verbal Fluency and Go No/Go Tasks in Schizophrenia: A Multi-Channel NIRS Study. Society of Biological Psychiatry, 64th Annual Scientific Convention & Meeting, Vancouver, Canada, May 16, 2009. (Poster presentation)
  • Prefrontal Hemodynamic Response during Random Number Generation in Schizophrenia; A Multi-Channel Near Infrared Spectroscopy Study. Society of Biological Psychiatry, 64th Annual Scientific Convention & Meeting, Vancouver, Canada, May 16, 2009. (Poster presentation)
  • Association Between Duration of Untreated Psychosis and Prefrontal Hemodynamic Response in Schizophrenia; A Multi-Channel NIRS study. Society of Biological Psychiatry, 64th Annual Scientific Convention & Meeting, Vancouver, Canada, May 16, 2009. (Poster presentation)
  • Cerebral Hemodynamic Changes in Response to Stop Signal Task in Adults with Attention-Deficit Hyperactivity Disorder and Pervasive Developmental Disorder Measured by Near-infrared Spectroscopy. Society of Biological Psychiatry, 64th Annual Scientific Convention & Meeting, Vancouver, Canada, May 15, 2009. (Poster presentation)
  • Application of NIRS to Diagnosis and Clinical Evaluation in Psychiatry. Symposium: Near-infrared spectroscopy in psychiatry. 13th Pacific Rim College Psychiatrists Scientific Meeting, Tokyo, JAPAN, Oct 30- Nov 1, 2008. (Symposium)
  • Reduced frontopolar activation during verbal fluency task in schizophrenia: a multi-channel near-infrared spectroscopy study. Young Investigator Award Presentation. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, Toyama, JAPAN, Sep 11-13, 2008. (Poster presentation)
  • Effect of sigma-1 receptor gene polymorphism on prefrontal hemodynamic response in schizophrenia; a NIRS study. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, Toyama, JAPAN, Sep 11-13, 2008. (Poster presentation)
  • Prefrontal hemodynamic response during random number generation in schizophrenia; a multi-channel NIRS study. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, Toyama, Japan, Sep 11-13, 2008. (Poster presentation)
  • Prefrontal hemodynamic response during working memory task in major depression: a NIRS study. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, Toyama, Japan, Sep 11-13, 2008. (Poster presentation)
  • Application of fNIRS to psychiatry and psychology. Workshop: Functional NIRS for Brain Mapping. From the Principle to the Clinical Applications. The 31st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Tokyo, JAPAN, Jul 9, 2008. (Sympsium)
  • Effect of Sigma-1 receptor gene polymorphism on prefrontal hemodynamic response in schizophrenia: a multi-channel NIRS study. Society of Biological Psychiatry, 63rd Annual Scientific Convention & Meeting, Washington DC, USA, May 3, 2008. (Poster presentation)
  • A preliminary near-infrared spectroscopy evaluation of prefrontal activation in adults with AD/HD; toward the development of clinical testing for diagnosis and prediction of medication effect. 18th World Congress of the International association for child and adolescent psychiatry and allied professions (IACAPAP), Istanbul, Turkey, May 2, 2008. (Poster presentation)
  • Spatiotemporal characteristics of prefrontal dysfunction and the association with social functioning in schizophrenia and depression: a multi-channel near-infrared spectroscopy study. 13th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping, Chicago, IL, USA, June 12, 2007. (Poster presentation)
  • Effect of COMT genotype on prefrontal function in schizophrenia: a multi-channel NIRS study. Society of Biological Psychiatry, 62nd Annual Scientific Convention & Meeting, San Diego, CA, USA, May 19, 2007. (Poster presentation)

主な国内講演・学会発表

  • 呼吸法による短期的・長期的リラクゼーションの効果検証:Virtual Reality装置と生理指標を用いたランダム化比較試験. 第61回日本心身医学会総会、2020年6月.(ポスター)
  • Virtual Reality による疑似海洋環境と新しい生理指標を用いた呼吸法の短期的・⻑期的リラクゼーション効果に関する研究 第131回日本心身医学会関東地方会, 東京. 2020年2月8日.東京(口演)
  • いじめがもたらす長期的影響と予防教育的介入への示唆.IPP政策研究会.2019年9月18日.東京(招待講演)
  • 子ども期の逆境体験が成人の心身の健康に及ぼす影響.第19回東京大学生命科学シンポジウム. 2019年4月20日.東京(招待講演)
  • 精神科薬物療法の実践的理解.公認心理師「到達目標」研修会.2018年7月21日.東京(招待講演)
  • 精神疾患の診断と治療の実践的理解.公認心理師「到達目標」研修会.2018年7月21日.東京(招待講演)
  • 精神科薬物療法の基本(2).臨床心理iネット.2018年6月25日.東京(招待講演)
  • 精神科薬物療法の基本(1).臨床心理iネット.2018年6月25日.東京(招待講演)
  • いじめによる子どもの心身の「隠された」傷と後遺症.いじめ問題の実態を知り理解を深めるための勉強会.参議院議員会館.2018年3月15日.東京(招待講演)
  • 発達的行動遺伝学の現在 日本教育心理学会第59回総会シンポジウム “児童期・青年期・成人期の双生児コホート研究” 2017年10月.名古屋(指定討論)
  • いじめ問題の深刻な長期的影響.東京大学大学院教育学研究科附属心理教育相談室主催 第12回公開講座.2016年10月23日.東京(招待講演)
  • 心理師のための薬物療法入門. 東京大学大学院教育学系研究科・臨床心理学コース.2016年9月13日.東京.(招待講演)
  • 光計測により可視化する発達脳の機能的ネットワーク. 第19回 日本光脳機能イメージング学会 学術集会 2016年7月23日.東京.(座長)
  • うつ症状の鑑別診断補助 - 精神疾患のバイオマーカーを求めて.日本医師会・うつ診療充実強化研修会.2015年9月30日.東京.(招待講演)
  • Multi-distantプローブを用いた近赤外線巣ペクトロスコピーによる左右大脳半球相同領域の安静時機能的結合の計測可能性の検討.第37回日本生物学的精神医学会,・第45回日本神経精神薬理学会.2015年9月24-26日、東京(ポスター)
  • 精神疾患へのBio-markerとしての応用. 第18回日本光脳機能イメージング学会学術集会.2015年7月25日.東京.(招待講演)
  • 光トポグラフィー検査の現状:気分障害診断を中心に.第10回日本うつ病学会総会.2013年7月19日.小倉.(ワークショップ)
  • 光トポグラフィー検査がその後の診断・治療の変更を示唆していた大うつ病性障害の一症例. 東京精神医学会, 2015年7月4日, 東京(一般口演)
  • 外来統合失調症患者に対するメタ認知訓練法.統合失調症学会, 2015年.3月27-28日, 東京(ポスター)
  • 大うつ病性障害患者へのJART25実施の有用性.第17回日本精神保健・予防学会学術集会.2013年11月23日.東京.(ポスター)
  • うつ症状を呈する精神疾患患者の特徴.第17回日本精神保健・予防学会学術集会.2013年11月23日.東京.(ポスター)
  • 近赤外線スペクトロスコピーを用いて計測した語流暢性課題中の前頭前皮質の賦活反応性と主観的QOLとの関連.第17回日本精神保健・予防学会学術集会.2013年11月23日.東京.(ポスター)
  • 統合失調症の発症後における下前頭回三角部の皮質体積減少と神経活動低下との関連. 第17回日本精神保健・予防学会, 2013年11月23-24日, 東京(ポスター)
  • 近赤外線スペクトロスコピィを用いた統合失調症の予後予測と状態像把握.第109回日本精神神経学会学術総会、福岡、2013年5月23日.(シンポジウム)
  • Duration of Untreated Psychosis and Brain Activarion: A NIRS Study. 第109回日本精神神経学会学術総会、福岡、2013年5月23日.(ポスター)
  • ARMSの生物学的指標は臨床に応用できるのか.第109回日本精神神経学会学術総会、福岡、2013年5月23日.(シンポジウム)
  • 統合失調症の臨床病期と脳病態.第42回日本臨床神経生理学会学術大会、東京、2012年11月8日.(シンポジウム)
  • 大うつ病性障害との診断時より1.5年を経過した患者の追跡調査.第34回日本生物学的精神医学会、神戸、2012年9月29日.(一般演題・口演)
  • 「こころの検査入院」のデータからみたNIRS.第34回日本生物学的精神医学会、神戸、2012年9月28日.(シンポジウム)
  • 精神病症状に対するメタ認知訓練法の実際 少数例の結果の予備的な検討.第7回日本統合失調症学会、2012年3月17日.名古屋
  • 統合失調症におけるカルボニルストレス代謝制御の分子基盤解明.第7回日本統合失調症学会、2012年3月17日.名古屋
  • 初回エピソード統合失調症における語流暢性課題を用いた近赤外線スペクトロスコピィによる血流変化の縦断的変化と社会機能の予測.第7回日本統合失調症学会、2012年3月16日.名古屋(ポスター)
  • うつ症状を呈する統合失調症・気分障害の鑑別診断補助の試み ―光トポグラフィーを用いた臨床検査の実用化の検討― 第7回日本統合失調症学会、2012年3月17日.名古屋(ポスター)
  • 双生児研究法による近赤外線スペクトロスコピーの前頭側頭部血流変化における遺伝的要因の検討.第7回日本統合失調症学会、名古屋、2012年3月17日.(ポスター)
  • うつ病性昏迷を呈し、たこつぼ型心筋症を発症した56歳女性.第4回日本不安障害学会学術大会、東京、2012年2月4日.(ポスター)
  • 双生児研究法による新版STAI状態-特性不安検査と近赤外線スペクトロスコピーにおける遺伝的要因の検討.第4回日本不安障害学会学術大会、東京、2012年2月4日.(ポスター)
  • NIRSを用いたうつ症状を呈する気分障害の鑑別診断補助についての追試検討-こころの検査プログラムから-.第4回日本不安障害学会学術大会、東京、2012年2月4日.(ポスター)
  • 健常者におけるNIRSを用いて計測した局所脳血流量変化と主観的QOL評価との関連.第4回日本不安障害学会学術大会、東京、2012年2月4日.(ポスター)
  • 早期精神病における生物学的研究の臨床応用可能性.第15回日本精神保健・予防学会学術集会、2011年12月2日、東京(シンポジウム)
  • 光トポグラフィ.平成23年度国公私立大学病院医療技術関連職員研修.2011年11月1日.東京.(招待講演)
  • 画像診断の基本と注意点.研究コース・シンポジウム「精神科医としての基礎技能 - 落とし穴をさけるために」第107回日本精神神経学会学術総会.2011年10月26日.東京.(シンポジウム)
  • 未内服成人注意欠如多動性障害と自閉症障害の抑制課題中の前頭葉血流変化.第34回日本神経科学大会.2011年9月17日.横浜.
  • 統合失調症患者におけるEGR3遺伝子多型と認知課題施行中の脳血液量変化との関連.第34回日本神経科学大会.2011年9月17日.横浜.
  • 意味カテゴリー流暢性課題施行時の脳血流変化及びGRM遺伝子多型都の関連:多チャンネルNIRS研究.第34回日本神経科学大会.2011年9月17日.横浜.
  • 精神疾患の臨床検査としての近赤外線スぺクトロスコピー(NIRS)の実用化.-先進医療「うつ症状の鑑別診断補助」.第29回日本心身症研究会.2011年9月14日.東京.(招待講演)
  • 光トポグラフィーの精神医学研究 -NIRSの臨床応用-.琉球大学医学部精神病態医学講座・大学院セミナー.2011年9月2日.沖縄.(招待講演)
  • ヒト前頭前野の発達と進化.シンポジウム:進化論と生物学的精神医学の融合.第33回日本生物学的精神医学会.2011年5月22日.東京.(シンポジウム)
  • 成人期自閉症スペクトラム障害と注意欠如/多動性障害における前頭前野の血流変化.第33回日本生物学的精神医学会.2011年5月22日.東京.
  • 塩酸メチルフェ二デート休薬したADHD患児群と未内服群における近赤外線スペクトロスコピィ特徴量の差異.第33回日本生物学的精神医学会.2011年5月22日.東京.
  • NIRSを用いたうつ症状を呈する大うつ病性障害と双極性障害の鑑別診断補助についての追試検討.第33回日本生物学的精神医学会.2011年5月22日.東京.
  • 意味カテゴリー流暢性課題施行時の脳血液変化及びGRM3遺伝子多型との関連:多チャンネルNIRS研究.第33回日本生物学的精神医学会.2011年5月22日.東京.
  • 精神病発症危険群および初発エピソード精神病の近赤外線スペクトロスコピィ波形と症状・予後との経時的検討.第33回日本生物学的精神医学会. 2011年5月22日.東京.
  • NIRSによる精神疾患補助診断と先進医療.シンポジウム:精神疾患の客観的診断法の開発.第28回日本医学会総会.2011年4月9日.東京.(シンポジウム)
  • 光トポグラフィーの精神科臨床における展開:先進医療「うつ症状の鑑別診断」.第31回日本レーザー医学会総会.名古屋、2010年11月14日.(シンポジウム)
  • 統合失調症の局所脳血液量変化と主観的QOLとの関連.第32回日本生物学的精神医学会、北九州、2010年10月7-9日.(ポスター)
  • 精神病臨床病期の違いによる前頭前野NIRS波形の検討.第32回日本生物学的精神医学会、北九州、2010年10月7-9日.(ポスター)
  • カルボニルストレスを呈する統合失調症の代謝制御に関する研究.第32回日本生物学的精神医学会、北九州、2010年10月7-9日.(ポスター)
  • ADHD患児に対する塩酸メチルフェ二デートの効果予測のための客観的指標開発.第32回日本生物学的精神医学会、北九州、2010年10月7-9日.(口演)
  • NIRS.スタディグループ「脳画像から見た精神薬理-マクロとミクロの接点」第20回日本臨床精神神経薬理画会・第40回日本神経精神薬理学会合同年会.仙台、2010年9月16日(シンポジウム)
  • 多チャンネルNIRSを用いたADHDへのMPHの効果を予測する客観的指標開発.第33回日本神経科学大会、神戸、2010年9月2日(ポスター)
  • 精神疾患の臨床検査としての近赤外線スぺクトロスコピー(NIRS)の実用化.-先進医療「うつ症状の鑑別診断補助」.第12回日本ヒト脳機能マッピング学会.ランチョンセミナー.東京、2010年6月19-20日.(招待講演)
  • 発達障害. -自閉症・ADHD・LDの類縁疾患-.「東京都・専門医による学校保健活動支援事業」 東京、2010年1月19日(招待講演)
  • 思春期の気分障害と統合失調症.「東京都・専門医による学校保健活動支援事業」 東京、2009年12月15日(招待講演)
  • 気分障害の脳画像研究と先進医療「うつ症状の鑑別診断補助」の紹介.精神研シンポジウム「気分障害の生物学的研究の最新動向 -- DSM、ICD改訂に向けて」.東京、2009年12月11日 (シンポジウム)
  • 思春期の精神疾患 -早期発見と早期介入の重要性-.「東京都・専門医による学校保健活動支援事業」 東京、2009年10月28日 (招待講演)
  • 先進医療「光トポグラフィによるうつ症状の鑑別診断補助」の紹介.東京精神医学フォーラム.東京、2009年6月25日. (招待講演)
  • 統合失調症のNIRS研究.第31回日本生物学的精神医学会、シンポジウム「統合失調症の神経画像研究・アップデート」、京都、2009年4月23日 (シンポジウム)
  • Effect of Sigma-1 receptor gene polymorphism on prefrontal hemodynamic response in schizophrenia: a multi-channel NIRS study. JSBP Travel Awards for International Meetings Presentation,31th Annual Meeting of JSBP, Kyoto, JAPAN, Apl 23-25, 2009.(国際学会発表奨励賞発表)
  • 統合失調症における作業記憶課題遂行時の前頭葉機能の検討-多チャンネルNIRS研究-.第31回日本生物学的精神医学会、京都、2009年4月23-25日.(ポスター)
  • 統合失調症における神経伝達物質関連遺伝子多型と前頭葉機能障害との関連:多チャンネルNIRS研究.第38回日本臨床神経生理学会、神戸、2008年11月12-14日(ポスター)
  • 統合失調症における乱数生成課題時の脳血液量変化 - 多チャンネルNIRSによる検討. 第38回日本臨床神経生理学会、神戸、2008年11月12-14日(ポスター)
  • うつ病における作業記憶課題中の脳血液量変化の特徴:多チャンネルNIRSによる検討. 第38回日本臨床神経生理学会、神戸、2008年11月12-14日(ポスター)
  • 成人注意欠陥他動性障害、成人広汎性発達障害患者における抑制課題と多チャンネル:NIRSを用いた前頭葉機能研究. 第38回日本臨床神経生理学会、神戸、2008年11月12-14日(ポスター)
  • 統合失調症におけるシグマ-1受容体遺伝子多型と前頭葉機能との関連:多チャンネルNIRS研究. 第38回日本神経精神薬理学会・第18回日本臨床精神神経薬理学会合同開催、東京、2008年10月1日~3日(ポスター)
  • 統合失調症における意味カテゴリー流暢性課題施行時の脳血流変化及び遺伝子多型との関連解析:NIRS研究.第30回 日本生物学的精神医学会、富山、2008年9月11-13日(ポスター)
  • 統合失調症における意味カテゴリー流暢性課題施行時の脳血液変化の検討:多チャンネルNIRS研究.日本統合失調症学会第3回大会、東京、2008年3月14日(ポスター)
  • NIRSでみる精神疾患の前頭葉機能.第37回日本臨床神経生理学会・学術大会、シンポジウム「NIRSが拓く新しい地平」、宇都宮、2007年11月21日(シンポジウム)
  • 統合失調症の前頭葉機能障害 - 光脳機能イメージングの臨床応用.第12回認知神経科学会学術集会 シンポジウム「統合失調症の病態生理:脳機能・脳画像による解析」、福岡、2007年7月22日(シンポジウム)
  • うつ病における認知課題中の脳血液量変化の特徴と臨床指標との関連:多チャンネルNIRSによる研究.第29回日本生物学的精神医学会、札幌、2007年7月13日(ポスター)
  • 統合失調症における神経伝達物質関連遺伝子多型と前頭葉機能障害との関連:多チャンネルNIRS研究.第29回日本生物学的精神医学会、札幌、2007年7月12日(ポスター)
  • 統合失調症における意味カテゴリー流暢性課題施行時の脳血流変化の検討:多チャンネルNIRS研究.第29回日本生物学的精神医学会、札幌、2007年7月12日(ポスター)
  • 日本人統合失調症患者における語流暢性課題の検討. 日本統合失調症学会第2回大会, 富山, 2007年3月24日(ポスター)
  • 近赤外線スペクトロスコピーによる統合失調症とうつ病の前頭前野の機能異常の検討.第2回日本統合失調症学会、富山、2007年3月24日.(ポスター)
  • うつ病における認知課題中の脳血液量変化の特徴と臨床指標との関連-多チャンネルNIRSを用いた検討-.第36回日本臨床神経生理学会・学術大会、横浜、2006年11月29日.(ポスター)
  • COMT遺伝子多型(Val/Met)の統合失調症の前頭葉機能への影響の検討:多チャンネルNIRS研究.第28回日本生物学的精神医学会、名古屋、2006年9月14日.(ポスター)
  • 近赤外線スペクトロスコピーを用いた恐怖表情課題施行時の脳血流変化における男女差の解析.第28回日本生物学的精神医学会、名古屋、2006年9月14日.(ポスター)
  • 精神疾患への応用解析 - 臨床応用に向けて.第5回日本光脳機能イメージング研究会、シンポジウム、東京、2006年7月22日.(シンポジウム)
  • 多チャンネルNIRSを用いた統合失調症患者における認知課題施行時の脳血液量変化と臨床指標との関連.第35回日本臨床神経生理学会・学術大会、福岡、2005年11月30日.(口演)
  • 統合失調症における認知課題施行中の脳血液量変化と臨床指標の関連―多チャンネルNIRSを用いた検討―.第27回日本生物学的精神医学会、大阪、2005年7月7日.(ポスター)
  • 多チャンネルNIRSを用いた心的ストレス課題施行時の脳血流量変化の特徴.第7回日本ヒト脳機能マッピング学会、東京、2005年3月19日.(ポスター)
  • [Under Construction]

主な研究費

  • 2020(R02)‐2022年 海洋教育基盤研究プロジェクト.研究代表者:滝沢龍、「リラクゼーション介入の効果増強に関する実証的研究(継続)」
  • 2019(R01)‐2022年 科学研究費・基盤研究(C)、分担研究者:滝沢龍、「青年期の感情制御,感情の社会化およびうつ症状の変遷に関する発達精神病理学的研究」
  • 2019(H31)‐2020年 海洋教育基盤研究プロジェクト.研究代表者:滝沢龍、「リラクゼーション介入の効果増強に関する実証的研究」
  • 2018(H30)-2022年 東京大学・卓越研究員、研究代表者:滝沢龍、「こころの健康を科学する-見える化して育み守る-」
  • 2016(H28)-2021年 科学研究費・基盤研究(B) 、研究代表者:滝沢龍、「子ども期の逆境体験が成人の心身の健康に及ぼす影響に関する縦断的コホートの比較研究」
  • 2015(H27)-2025年 Newton International Fellowship Alumni follow-on funding. The Royal Society & The British Academy.Title: Risk and resilience for the developmental effects of early life stress on life-course health.
  • 2014(H26)-2016年 科学研究費・若手研究(B)、研究代表者:滝沢龍、「統合失調症・気分障害における「寛解」と「回復」の脳機能基盤に関する縦断的研究」
  • 2013(H25)-2015年 Newton International Fellowship. The Royal Society & The British Academy. Title: Gene-environmental interactions in youth mental health.
  • 2012(H24)-2014年 上原記念生命科学財団・海外留学助成・リサーチフェローシップ(2年助成) 研究代表者:滝沢龍、「思春期の心の健康の遺伝・環境相互作用の解明」
  • 2011(H23)-2014年 文科省科学研究費・若手研究(B)、研究代表者:滝沢龍、「うつ症状を呈する精神疾患の脳機能基盤と経時的変化についての縦断的研究」
  • 2009(H21)-2011年 臨床薬理研究振興財団・研究奨励金 研究代表者:滝沢龍「光トポグラフィー検査(NIRS)と遺伝子多型を用いたうつ症状の鑑別診断補助と薬効・機能評価に関する研究」
  • 2006(H18)-2008年 科学研究費・基盤研究(C)、研究代表者:滝沢龍、「脳機能イメージングをエンドフェノタイプとした統合失調症の前頭葉機能障害の研究」
  • [Under Construction]

主なメディア活動・報道

  • [Under Construction]
PAGE TOP