東京大学|大学院教育学研究科・教育学部 東京大学|大学院教育学研究科・教育学部

大学経営・政策コース スタッフ紹介 コースのWEBサイト

山本 清(やまもと きよし) 教授

大学経営論

大学の財務及び会計が「少子化時代の生き残り競争」として最近注目されていますが,それは個々の大学が本来の教育研究活動を行う上で基盤となる活動だからです。財務・会計の機能面からいえば,意思決定の改善やアカウンタビリテイの向上及び利害調整への貢献という点で企業会計や政府会計と共通点を有しますが,対象では大学特有な活動側面(教育と研究の結合生産や教職員と学生の中期的関係)を考慮する必要があります。そこで,機能及び活動の双方から大学の財務・会計を研究しています。これらに関連して公的部門のガバナンスや経営・会計についても国際比較研究を実施しています。

小方 直幸(おがた なおゆき)教授

大学政策論

ユニバーサル化を迎えた大学は今、様々な課題に直面しています。とりわけ大学教育のあり方は、高等教育政策はもちろん、個別大学の経営上も大きな関心事となり、質の保証や教育改善のシステムを構築するための各種の取り組みが実施されています。高等教育の拡大と長引く景気の低迷が同時進行する中、大学教育は社会や職業とどのような接点を持てばよいのか、その接点を確保するために大学の教育プログラムや教員には何が求められ、それを恒常的に実現していくにはいかなる方策が必要であるのか、理念レベルの議論だけでなく個々の大学で取り組むことが可能な実践レベルの議論も含めた研究を行っています。

福留 東土(ふくどめ ひでと) 准教授

比較大学論

「大学とは何か?」いろんな定義が可能ですが、私は、大学の最大の存在意義は、個人が自由に思考し、自分の意思で知的な関心と能力を高めることができる点にあると考えます。世の中にこうしたことをできる場所が他にあるでしょうか?ないとすれば大学を守り育てていく意義は明らかです。現代は大学にとって危機の時代です。しかし、これまでも大学の自由は無条件に与えられてきたのではありません。今の状況を歴史的・世界的視野から見つめたいと思います。大学の自由を大切に享受する姿勢からきっと新たな大学論が産まれてくるでしょう。大学に関わり、大学について考えようとする人たちと「大学とは何か」を追究したいと思います。

両角 亜希子(もろずみ あきこ) 准教授

大学経営論

知識社会の進展にともなって大学の社会的な役割が大きくなっています。同時に18歳人口が減少する中で,大学の経営は重要な問題として高い関心を集め,大学の経営やそれに関わる政策はどのように変化しなければならないのかが問われています。研究者は,社会科学の視点から一定の枠組みの元で基礎的な研究をつみあげるのはもちろんのこと,大学経営の実践者と深く協働し,ともにアイディアを出していくことが求められていると考えています。そこで,とくに大学の意思決定の様式や財務という観点から,事例研究を重ねることにより,実践的な問題に答えうる論理的な基盤の構築をめざして実証的な研究に取り組んでいます。

ページトップへ