東京大学|大学院教育学研究科・教育学部 東京大学|大学院教育学研究科・教育学部

教育実践・政策学 卒業論文のテーマ

近年の卒業論文題目一覧

2015(平成27)年度

  • 校歌のポップス化に関する研究
      -学校プロモーション戦略の視点から-
  • 不登校に対する学級規模と学校規模の影響に関する計量分析
  • 学校で発生したいじめに該当する行為を教師が発見した時,教師の十分な介入ないし
    介入行為自体の障害となる要因に関する考察

      -文献資料に見られる教師の主張・提言・自戒の内容に着目して-
  • 自治体におけるカリキュラム改革の分析
      -団体自治と住民自治の観点から-
  • 人口減少時代における小規模自治体の教育行政に関する研究
  • 教科主任の役割期待に関する研究
      ―研究史的視点から―
  • 「新しい能力」の育成と「学びの共同体」の実践
  • 通常学級における特別な支援を要する児童への学生支援員の支援経験に関する考察
      ―困難を抱えた事例とそうでない事例を通して―
  • スーパーサイエンスハイスクール事業における研究開発の実践と教員の意識
  • 日本の教育政策にみる学校選択論の展開
  • 進学校における女子に対する進路指導の研究
  • 我が国の私立大学におけるAO入試に関する考察
      ―小規模・非難関・地方大学における成功例に着目して―
  • 生涯学習行政における財団法人の位置づけの変容
      ―山形県を事例に―
  • 学校現場のキャリア教育活動形成過程における行政の役割
  • 帰国子女教員が日本の英語教育において果たす役割
  • 公立中学校での国際交流活動の推進における可能性と限界
      ―現場の教員の視点から―
  • 象徴としてのランドセルに関する歴史的研究
      ―色分けをめぐる議論を中心として―
  • 子ども一人ひとりの教育的ニーズに応じるインクルーシブな小学校づくりの方向性
      ―実践を支えるシステムと教師の意識に着目して―
  • 高校教育と大学教育のカリキュラム接続の要因と実態
      ―出前授業の類型化と各類型間の取り組みの比較・分析から―
  • 生徒の数学的思考を表出させる教師の働きかけ
      ―中学1・2年の数学授業の談話分析を通して―
  • 「地域」概念の再検討
      ―地方創生と住民自治の観点から―
  • わたしの復興物語
      ―大槌のおじいちゃん/おばあちゃんの語りから紡ぐ新たな被災者像―
  • 遺構と記憶の継承について
      ―浦上天主堂を中心に―
  • 「日本版」CCRCとは何か
      ―高齢者がより活躍できる地域社会のために―
  • 電子書籍をめぐる言説分析
  • 大学の研究生産性についての探求

2014(平成26)年度

  • 小学校の道徳教育に求められる学校・家庭・地域社会の関係の変化
      -学習指導要領とその指導書・解説の分析から-
  • 教員政策文書に見られる「社会人」概念とその変遷
  • FacebookとTwitterにおける匿名性と拡散性の関係
  • 大学生へのキャリア教育に関する研究
      -データ分析によるキャリア教育の効果の検証-
  • 日本における反転授業の特性に関する事例研究
  • マーシャル・スミスの体系的学校改革論と連邦教育政策の展開
      ―米国における学力格差是正に向けたシステム構築―
  • 「有償の教育機会」への公費支援による等しい教育機会の保障
      ―通塾料助成事業と公費支援型学習塾の取り組みに注目して―
  • 学校におけるミドルリーダーの役割に関する考察
  • 高等専門学校の社会的役割とその変遷
      ―卒業後の進路の分析から―
  • オルタナティブスクールをめぐって語られる「社会性」の多様性についての研究
  • 明治20年代から30年代における尋常小学校用読本の教材選択
  • 保育所における延長保育サービスをめぐる議論の展開
      ―保育雑誌と保育研究誌を中心に―
  • 特別支援学校教員の授業実践にみられる専門性
      ―教職経験に着目して―
  • 途上国における学校教育への住民参加に関する研究
      ―国際協力機構によるニジェールでの「みんなの学校プロジェクト」に着目して―
  • 女性同性愛者の学校経験
      ―ライフストーリー・インタビューを通して―
  • 「高校魅力化」と地域社会の新たな展開に関する一考察
      ―島前高校魅力化プロジェクトを事例として―
  • 生涯学習領域を担うNPOスタッフの実践とその論理
      ―シブヤ大学にかかわる人々へのインタビュー調査より―
  • 学習塾と学校の関係に関する一考察
      ―事例から見る官民連携の可能性―
  • 「未定義の被災地」の被災と復興
      ―東日本大震災以降の福島県福島市に着目して―
  • 夜間中学における不登校経験者の学び
      ―不登校経験者である卒業生の語りに着目して―
  • 芸術規制と美術館展示
      ―社会的メッセージ性の強い美術作品を題材として―
  • 大学生の読書習慣に影響を与える要因
      ―接してきた環境に着目して―
  • OECD諸国における財政再建の実証分析
      ―財政再建における増税と歳出削減の望ましい割合―
  • コミュニケーションとふるまいの意識化は人にどのような影響を及ぼすか
      ―東京大学運動会剣道部を事例として―

2013(平成25)年度

教育行政学関連

  • 改訂学習指導要領への移行に関する検討
      -教育課程・学力保障政策の考察に向けて-
  • 大学における「学びの転換」
      -初年次教養ゼミナ-ルに着目して-
  • 日本の自転車政策の問題点に関する一考察
      -自転車利用推奨の視点に関する国際比較を通して-
  • 分権化時代における自治体事業としての「特色ある学校づくり」
      -事業予算形態(一律交付型・提案要求型)に着目した事例分析-
  • 日本の性教育が広がらない原因に関する考察
      -現場教員の視点から-
  • 専門学校の教育の質保証と学校評価
  • 公教育費の分析
      -なぜ日本の公教育費は国際的にみて低いのか-
  • 同僚性の諸相に関する研究
      -教職の専門職性の再定義をめぐって-

学校教育学関連

  • 特別支援学校における授業談話の解釈学的分析
      -生徒の発話を受けた教師の対応に着目して-
  • 教育におけるジェンダ-平等に関する一考察
      -ネパ-ルの女子教育政策を事例として-
  • 京大学前期課程カリキュラム改革の理念の変遷とその授業内容への反映
      -大学設置基準大綱化以降のシラバスの比較から-
  • 幼保一元化と就学前教育・保育の平等性
      -地方自治体における取り組みに着目して-
  • カンボジア人学生にとっての日本留学の意義に関する一考察
      -彼らのライフスト-リ-をもとに-
  • 教師の学習機会としての教育実習
  • 途上国の学校現場における外国人ボランティアの葛藤
      -在スリランカ青年海外協力隊員を事例に-
  • 高校生の学校運営参加における意義と課題
      -参加生徒の代表性に着目して-

社会教育学関連

  • 和楽器のある授業
      -学校教育における音楽科教材としての長唄指導-
  • コミュニティカフェが作る新しい地域
      -大都市郊外部の実践を一例として-
  • 高齢者の学びと大学
      -高齢在学者へのインタビュ-から見た学習機会の選択のあり方-
  • 教育弱者への教育の公的支援に関する研究
      -自主夜間中学のスタッフの語りを中心に-
  • 自治体生涯学習行政における住民ネットワ-ク形成の取り組み
      -合併後の行政組織の再編に着目して-
  • 大都市における地域コミュニティのあり方に関する一考察
      -文京区本郷地区における「街ing本郷」の活動を一例に-
  • 公共ホ-ルを舞台にした地域の環境形成について
      -淡路人形座を事例として-
  • 生涯学習社会における大学の役割に関する一考察
      -国立大学生涯学習系センタ-の機能に着目して-

図書館情報学関連

  • 推理小説におけるメディアとコミュニケ-ション方法の変化
      -インタ-ネットや携帯電話の普及に注目して-
  • 前読書家の読書を触発するキュレ-ションアルゴリズムの構築
      -セレンディピティの技術的実装をめざして-
  • 教育専門書と大学図書館におけるその所蔵

2012(平成24)年度

教育行政学関連

  • 都道府県における教育振興基本計画の研究
      ―国の教育振興基本計画との「距離」とその要因―
  • NPOによる釣りを活用した環境教育
  • 郡部における公立中高一貫校の意義と課題
      ―新潟県の事例を素材として―
  • 就学前におけるフィンランドのケアと日本の養護の質的差異に関する歴史的研究
  • 民主党政権下における教育政策決定過程の特質
      ―小学1年生での35人学級法制化の政策過程を事例として―
  • 東京大学進学における都市‐地方間格差の再検討
      ―有力国立大学の進学動向を交えて―
  • 教師の職務に関連したインターネット利用の実態
      ―目的・形態・効果に着目して―
  • 群馬県太田市の外国人児童生徒教育の分析
      ―バイリンガル教員制度を中心に―
  • 主幹教諭の役割に関する研究
      ―ミドル・アップダウン・マネジメントの視点から―
  • 学力低下問題以降の公立高等学校入試政策の変容
      ―政策変化の要因に着目して―
  • 地方教育行政における首長のリーダーシップに関する研究
      ―神奈川県横浜市を事例として―

学校教育学関連

  • 学習指導要領にみる中学校英語科教育の理念の変遷
  • 1950年代中学校国語分冊教科書の研究 ―言語技術教材に着目して―

社会教育学関連

  • 不登校問題
      ―誰もが学べる環境作り―
  • シンボルを活かしたまちづくり
      ―通天閣を事例として―
  • コミュニティ事業としての「谷根千」の展開
  • 大学運動部にできること
      ―東京大学運動会ア式蹴球部の地域密着クラブ化への取り組み―
  • 東日本大震災からの復興と教育
      ―「いわての復興教育」を中心に―
  • 社会貢献の観点から見る高齢者大学の機能と在り方に関する一考察
      ―福井県鯖江市高年大学と長野県飯田市竜丘大人の学校の事例を元に―
  • 東大生の就職活動から見るキャリア教育の課題
  • おやじの会の形成とその特徴
      ―都市近郊地区における会の活動と参加者の意識から―
  • 多様化すべきリーダー像
      ―サーバント・リーダーシップの検討を通して―
  • 学校支援地域本部事業に関する一考察
      ―東京都北区スクールコーディネーターの活動事例に着目して―
  • 社会教育行政の根拠の再検討  ―可謬主義と理性の限界―

図書館情報学関連

  • 読書感想文の在り方の時代による変遷
      ―青少年全国読書感想文コンクール低学年の部入賞作品を例に―
  • 超複製技術時代の大衆運動
      ―Facebookにおけるデモネットワーク生成の分析―
  • 追及権と日本の美術市場
ページトップへ