トップページ 教員・スタッフ紹介 大学院進学を目指す人へ 駒場から進学を目指す人へ 研究環境と実験設備 アクセス・連絡先 内部連絡
教員・スタッフ紹介

岸哲史助教

略歴 個人ホームページへ
2006年 東京大学教育学部卒
2008年 東京大学大学院教育学研究科修士課程修了
2009年 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2010年 米国ニューヨーク大学医学部 研究員
2011年 東京大学大学院教育学研究科博士課程修了、博士(教育学)
2013年 日本学術振興会海外特別研究員(米国ニューヨーク大学医学部)
2014年 東京大学大学院教育学研究科 特任研究員
2014年 東京大学大学院教育学研究科 助教
  
研究の概要
ヒトの心身の健康や豊かで活力ある生活形成の基盤を成す睡眠を主要な研究対象とし,その仕組みや機能に関する研究を進めています。 特に,ヒトの睡眠の動的制御機構を明らかにするために,生理計測や数理解析等に基づく基礎的研究から睡眠の病態生理学的研究まで,幅広く研究に取り組んでいます。 より広くは,ヒトの生理学,特に生体の恒常性維持に関わる生理学的システムの動的制御と相互作用の仕組みに興味を持っています。

 代表的な研究業績

  • Kishi, A., I. Yamaguchi, F. Togo, Y. Yamamoto. Markov modeling of sleep stage transitions and ultradian REM sleep rhythm. Physiological Measurement, 39:084005-1-9, 2018.
  • Kishi, A., H. P. A. Van Dongen, B. H. Natelson, A. M. Bender, L. O. Palombini, L. Bittencourt, S. Tufik, I. Ayappa, D. M. Rapoport. Sleep continuity is positively correlated with sleep duration in laboratory nighttime sleep recordings. PLoS ONE, 12:e0175504-1-19, 2017.
  • Kishi, A., F. Togo, D. B. Cook, M. Klapholz, Y. Yamamoto, D. M. Rapoport, B. H. Natelson. The effects of exercise on dynamic sleep morphology in healthy controls and patients with chronic fatigue syndrome. Physiological Reports, 1:e00152-1-14, 2013.
  • Kishi, A., B. H. Natelson, F. Togo, Z. R. Struzik, D. M. Rapoport, Y. Yamamoto. Sleep-stage dynamics in patients with chronic fatigue syndrome with or without fibromyalgia. SLEEP, 34:1551-1560, 2011.
  • Kishi, A., H. Yasuda, T. Matsumoto, Y. Inami, J. Horiguchi, M. Tamaki, Z. R. Struzik, Y. Yamamoto. NREM sleep stage transitions control ultradian REM sleep rhythm. SLEEP, 34:1423-1432, 2011.
  • Kishi, A., H. Yasuda, T. Matsumoto, Y. Inami, J. Horiguchi, Z. R. Struzik, Y. Yamamoto. Sleep stage transitions in healthy humans altered by central monoaminergic antagonist. Methods of Information in Medicine, 49:458-461, 2010.
  • Kishi, A., Z. R. Struzik, B. H. Natelson, F. Togo, Y. Yamamoto. Dynamics of sleep stage transitions in healthy humans and patients with chronic fatigue syndrome. American Journal of Physiology, Regulatory, Integrative and Comparative Physiology, 294:R1980-R1987, 2008.

 研究費

  • 平成30-32年度 文部科学省学術研究助成基金助成金 若手研究 「非侵襲的脳刺激法を用いた睡眠動態制御手法の開発」
  • 平成29-30年度 東京大学卓越研究員スタートアップ経費 「睡眠の動的制御機序の解明とその応用に関する研究」
  • 平成29年度 公益財団法人立石科学技術振興財団 研究助成(A) 「前庭電流刺激による睡眠導入・促進効果の検証:「ゆりかご効果」の神経基盤の解明」
  • 平成27-28年度 文部科学省学術研究助成基金助成金 若手研究(B) 「ヒトの睡眠の動的制御に関わる脳内機序の解明」
  • 平成25-26年度 日本学術振興会海外特別研究員 「睡眠の動的制御に関わる脳内メカニズムの解明」
  • Grant-in-Aid, Foundation for Research in Sleep Disorders, USA 「Transition Analysis of Sleep Stages」, 2011-2014
  • 平成21-22年度 文部科学省科学研究費補助金 特別研究員奨励費 「睡眠の動的構造に関する数理的および生理学的検討」

 受賞歴その他特記事項

  • 平成29年度 東京大学卓越研究員
  • 第31回(2014年度)井上研究奨励賞
  • JSPS HOPE Fellow, Japan Society for the Promotion of Science, 2013
  • Travel Award, The 6th World Congress of the World Sleep Federation, 2011