いじめ対策プログラム

養護教諭のためのいじめ対策プログラム −保健室での「気づき」から「相談」「授業」へ−

 

 現在、我が国の学校では、「いじめ対策」が大きな課題となっていますが、私達は表記のプログラムを開発中です。
 いじめ対策になぜ養護教諭なのでしょうか?
それは、いじめ問題が子どもの精神疾患、さらには自殺の要因となることが日本を含め諸外国の様々な研究から明らかになってきたからです。学校内の健康の専門家であり、子どもの健やかな育ちを守る養護教諭がいじめ問題に真剣に関わることが求められているのです。このプログラムの中には、何か特別なことが書かれているわけではありません。普段の養護活動の中に、ほんの少しの「いじめ対応」のエッセンスを取り入れるだけで、いじめの早期発見・対応、さらには子どもの命をまもることに繋がると私たちは信じております。
 このプログラムは、世界中で最もよく知られ、研究されているいじめ対策プログラムで あるOlweus Bullying Prevention Programや諸外国の研究成果を参考にしています。「科学的根拠を踏まえること」、「養護教諭の特質を活かすことと」が融合したこれまでにない新しいいじめ対策プログラムです。

 

 

 

参考映像/いじめ対策プログラムの解説、実践例を紹介しております

 

 「子どもの心を守る 大人が学ぶ、思春期のメンタルヘルスといじめ防止 」

いじめを防ぎ、減らすには https://youtu.be/whAbghLUqIk

いじめ対策の実践例 https://youtu.be/OjekAnE-vcA

 

 

 

 

 

いじめ防止授業の実践例

足立区立六木小学校での2018年度授業実践映像を公開しました

 

第1回目「いじめって何だろう」

 

 

 

第2回目「どうしたらいじめはなくなるのだろう」

 

 

第3回目「もし自分がいじめられたら、どうしたらよいのだろう」 

 

 

 

いじめ防止授業 実施者・開発者へのインタビュー(3回の授業解説)

 

 

  

お問い合わせ先:yk[at]p.u-tokyo.ac.jp(北川) [at]を@にしてお送りください。