Updated: Aug 11, 2017

針生(はりゅう)研究室では、ことばを話し始める前後の赤ちゃんの発達について研究しています。そのための調査にご参加頂ける赤ちゃん研究員を募集しています。

赤ちゃん研究員募集のページはこちら

小学生研究員募集のページはこちら

    
○ 研究テーマ ○
 生まれたばかりのときには何もできなかったように見える子どもが、やがて、言語を話すようになり、新しくであった問題にも賢く対処できるようになっていく、このあたり前に見える変化がどのようにして起こっているかを知りたいと考えています。特に、言語のような複雑なものを子どもはどのように獲得するのか、また、いちど獲得された言語は私たちの思考やふるまいにどのような影響を与えていくのかに興味があります。

○ 主な著書 ○
 『言語心理学』(朝倉書店)
 『レキシコンの構築』(岩波書店)
 『言葉をおぼえるしくみ』(ちくま学芸文庫)
針生 悦子 (はりゅう えつこ)
東京大学大学院教育学研究科 教授 
ことばが話せるようになったあとのコミュニケーションをめぐる発達とはどのようなものなのでしょうか?
そのための研究にご協力いただける小学生研究員(1年生、3年生)を募集しています。
東京大学

東京大学大学院教育学研究科
教育心理学コース


Etsuko Haryu Laboratory

針生悦子研究室

赤ちゃんは、どのようにしてことばを学び、お話できるようになるのでしょう?