Shimoyama laboratory, Department. of Clinical Psychology, Graduate School of Education, The University of Tokyo, Japan

ようこそ、下山研究室へ



東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース下山研究室は、下山晴彦 が東京大学に赴任した1994年に始まり、臨床心理学コースでは最も歴史が古い研究室です。大学内外の多様な研究・臨床機関との連携をとりながら多彩な研究プロジェクトを立ち上げ、幅広い研究成果を上げています。

さまざまな領域の研究、外国のゲストを招待しての国際シンポジウムの開催、専門論文や博士論文 の作成、専門書や訳書の出版などを常に行い、日本でも最も活動的であり、また生産性の高い臨床心理学研究室の一つです。

当研究室のモットーは、「所属する学生それぞれの関心を最大限に尊重」することです。個々の学生の個性と能力をのばすために、最善の支援と環境を提供しています。その結果、「自由」、「楽しい」、「多彩」といった空気が生まれています。

臨床相談

臨床心理学
ガイド

卒業生
博士論文要旨

科研費の
研究成果

下山晴彦紹介