岡田猛研究室メンバーの受賞歴

2017年 ヒューマンコミュニケーション賞

清水大地 - 舞台表現における他者との相互作用のダイナミクス ―コミュニケーションの隠れた次元としての距離による検討(岡田猛氏との共著)―

2015年 日本認知科学会奨励論文賞

工藤彰 - リアルタイムの創作情報に基づいた作家の執筆スタイルと推敲過程の分析(岡田猛氏との共著)

2014年 日本心理学会学術大会特別優秀発表賞

野村亮太 - 話芸鑑賞時の自発的なまばたきの同期 (岡田猛氏との共著)

2014年 日本認知科学会論文賞

野村亮太 - 話芸鑑賞時の自発的なまばたきの同期 (岡田猛氏との共著)

2013年 日本認知科学会奨励論文賞

縣拓充 - 創造の主体者としての市民を育む:「創造的教養」を育成する意義とその方法(岡田猛氏との共著)

2012年 日本認知科学会大会発表賞

清水大地 - ストリートダンスにおける新しい表現の発展とその影響(岡田猛氏との共著)

2011年 日本認知科学会論 文賞

石橋健太郎 - 他者作品の模写による描画創造の促進(岡田猛氏との共著)

2011年 東京大学大学院情報学環・学際情報学府 専攻長賞

清水翔 - イメージの展開に着目した児童の造形活動プロセスの検討

2011年 認知科学会大会 発表賞

清水大地 - ストリートダンスにおける即興的創造過程

2010年 東京大学大学院情報学環・学際情報学府 専攻長賞

中野優子 - コンテンポラリーダンスにおける即興プロセスの解明

2008年 日本認知科学会 論文賞

横地早和子・石橋健太郎 - 現代美術の創作における「ずらし」のプロセスと創作ビジョン(岡田猛氏・難波久美子氏・植田一博氏との共著)