東京大学|大学院教育学研究科・教育学部 東京大学|大学院教育学研究科・教育学部

身体教育学コース コースのWEBサイト

コースの特色・内容

いじめ,不登校,殺傷事件,小動物の虐待など,学校教育現場では子どもの深刻な問題が続出し,「心の教育」あるいは「心の健康」が叫ばれている。一方,肥満・やせ願望,いつも「疲れた」「眠い」と訴える児童・生徒の増加,スポーツ過熱に伴う障害の多発,薬物乱用,喫煙の害など,子どもの心とからだにまつわる様々な問題が発生している。また,高齢者社会の到来と科学技術の発展に伴って,中高年の運動不足と生活習慣病,高齢者と転倒・骨折事故・寝たきり,環境ホルモンのからだへの影響,マスターズスポーツのあり方など,からだと社会,からだと環境の視点で対応しなければならない社会問題も増加している。

このような学校,家庭,社会に存在する「身体(からだ)」に関わる様々な教育事象について,幅広く総合的・実践的な立場で教育・研究を行うのが身体教育学である。そして,身体教育学は,健全な身体形成を図り,健全な身体観とスポーツ観を育み,自分自身の「身体(からだ)を育む」ことに主体的に立ち向かい実践していく意識と行動力を育成することを目標としている。

1998(平成10)年4月,我が国で初めて誕生した「身体の教育」を主眼としたコースである。

その教育理念は

  • からだの理(ことわり)を知る
  • からだ,健康,生命の大切さを知る
  • からだを動かすことの楽しさと喜びを知る

に集約される。

ページトップへ