東京大学大学院教育学研究科 バリアフリー教育開発研究センター

  • 東京大学 学部横断型教育プログラム バリアフリー教育プログラム
  • English

HOME > 研究プロジェクト > ダイバーシティ

ダイバーシティ

ダイバーシティ教育研究

私たちが目指すもの:共生社会に向けた教育プログラム研究

 社会の多様性が高まる中で、様々な差異を持った人々と共生するための知と技術を使いこなし、また生み出していくことのできる人材が求められています。本センターでは、学内の学部横断型バリアフリー教育プログラム、各種シンポジウム、共同研究等を通じたネットワークにおいて形成された、障害学・ジェンダー研究・クィア理論・エスニシティ研究・開発経済学等を横断する知見を基盤として、差異に対する拒絶的な反応を喚起することなく多様性を包摂する社会の実現に資する教育プログラムの開発を進めています。eラーニング、ワークショップ、授業実践、企業研修等、具体的な各種プログラムを開発するとともに、それらを広く社会に普及させ、持続的に展開していくためのスキーム構築についても、国や自治体、企業、NPO等との連携を視野に入れて積極的に取り組んでいます。

研究プロジェクト

A: ワークショップ型教育プログラム
B: eラーニング
(1)障害者差別解消法 (2)「心のバリアフリー」
C: 自治体・企業向け講師養成プログラムの提供

 ワークショップ型教育プログラム実施担当者に必要な知識・スキルの提供を行なっています。

D: ダイバーシティに関する理論研究
  • 「The ABC of Diversity:ダイヴァーシティ基礎講座」
    (リンク:https://wired.jp/2017/10/23/the-abc-of-diversity_1/)(2017年9月28日・29日、10月2日)
  • ダイバーシティを構成する差異の間にある構造的不均衡とそれらを生み出す社会的要因の分析に関する研究
  • インクルーシブ社会を実現するためのダイバーシティ教育の理論と方法論に関する研究